エリザベス女王杯2019~見解④

競馬予想

エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第4弾

⑮ミスマンマミーア 浜中 : 道営出身で南関・船橋へ移籍し今年に入り中央入り。2歳時にコスモス賞で2着や札幌2歳Sでも0.3差と芝適正を見せていましたし近走の好成績からも芝向きだったのでしょうね。前走の3勝クラスでは3着止まりでしたがこの後アルゼンチン共和国杯で3着となるアフリカンゴールドと0.2差なら上出来でしょう。これなら格上挑戦のここでも見劣ることはないのではないでしょうか。これまで非根幹距離での成績が良いのでここも嵌る可能性があるかもしれません。

⑯スカーレットカラー 岩田 : 3歳時はイマイチな成績が続いていましたが今年に入り馬体が成長したことで急に走るようになりました。特に前走の府中牝馬Sは後方から直線だけでごぼう抜きとかなり強かったですね。距離延長は良くないと思いますし外枠も厳しいかもしれませんが展開が嵌ればここでも十分上位争い出来るでしょう。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑰サラキア 川田 : 3歳時は秋華賞でアーモンドアイから0.5差の4着と好走。今年に入りエプソムカップ2着、関屋記念5着と牡馬相手の重賞でも好走出来ていますね。前走も牡馬相手のリステッド競争で逃げて0.1差の3着でした。3歳時よりも成長が窺えますし前につけて速い上がりを使えるのであまり崩れる感じはないですね。距離延長は良くないと思いますがマイペースで行けそうなここなら持たせる可能性はありますね。ただ初騎乗の川田騎手は先週のインティの件もあり少し心配。

⑱レッドランディーニ 池添 : 2走前のマーメイドSは10番人気でハナ差の2着と激走。スカーレットカラーとセンテリュオに先着しました。まぁ51kgの軽ハンデだったので当てには出来ませんが。前走の府中牝馬Sは中団から切れ負けの形で7着。一気に交わされたスカーレットカラーとはかなり力差がありそうですね。ここは大外枠ですし直線一気でどこまで詰めれるかといったところでしょうか。馬券に絡むことはなさそうです。

以上、出走馬を見ていきました。

 

エリザベス女王杯2019~見解①
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。 ①ブライトムーン 福永 : 条件戦でコツコツと力を付けてきていますがまだ3勝クラス。京都が得意でもないですしここは相手が強いでしょう。1枠を引きましたが内が荒れ始めているので有利にもならないですね。 ②ラッキーライラック スミヨン : 阪神JFやチューリップ賞を勝ちましたが桜花賞でアーモンドアイに負けて以降尻すぼみ。近走やや復調気配もあり鞍上大幅強化でチャンスが出て来ましたね。距離も持つでしょうし追い出すタイミングさえ間違わなければ上位争いに加われるかもしれません。
エリザベス女王杯2019~見解②
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第2弾 ⑥クロコスミア 藤岡佑 : このレースは2年連続2着と相性がいいですね。もう6歳馬ですし3年連続の好走は難しいと思いますが今年はヴィクトリアマイルで3着するなど衰えは見られませんし長く活躍するステゴ産駒でもあるので今年も上位に来れるかもしれませんね。前走の府中牝馬Sは外枠から速めの流れを追いかける厳しい展開でしたがその割には良く粘って5着とマズマズ。今回は内目の枠ですしペースも上がらないでしょうからかなりの条件好転で好走必至か。 ⑦レイホーロマンス 岩崎 : 昨年のこのレースは13着と大敗。もう2年近くも勝っていませんしさすがにここでは買えませんね。
エリザベス女王杯2019~見解③
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第3弾 ⑪ラヴズオンリーユー デムーロ : 無傷の4連勝でオークスを制覇。一躍世代トップに躍り出ました。しかし秋華賞は蹄の炎症のため回避しぶっつけでここへ。力があるのは間違いないと思いますが怪我でぶっつけになった過程は良くないでしょう。仕上がりは順調らしいですが一頓挫の影響が全くないとは思えないので中心視するのは怖いですね。とはいえ京都で2勝していますし距離も問題ないでしょうから状態さえ良ければ当然勝ち負けになるでしょう。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら