フローラS2019~見解②

競馬予想

フローラSの出走馬を見ていきましょう。第2弾

エアジーン Mデムーロ : デビュー戦は中団から直線良く伸びて完勝。5ヵ月ぶりの2戦目は先団につけ直線はじりじりと伸び1.0差の4着でした。前走のミモザ賞は中団から3~4角で上がって行き直線しぶとく伸びてクビ差で優勝。後ろから来られても抜かせなかったですね。勝負根性はあるかもしれませんがあまり強さは感じませんし東京向きでもなさそうで軽視したいですね。

エトワール ○○ : デビュー戦は出遅れて後方から。直線でもそれほど伸びず1.0差の10着でした。その後未勝利戦を2着2着1着。4戦目で初勝利をつかむと4カ月の休養を挟み500万戦に出走。中団から直線良く伸びて0.4差の3着。前走のミモザ賞は中団前目につけ直線で勝ったエアジーンとの叩き合いになりましたがクビ差競り負けて2着まででした。ちなみに3走目の未勝利戦ではマイネルサーパスとの叩き合いで相手が拠れて前をカットされブレーキをかける不利もありました。東京の方が良さそうである程度の位置を取れるし終いもそれなりの脚は使えるのでこの相手でもそれなりにはやれそうです。鞍上は内田博騎手になるかもしれないです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

クラサーヴィツァ 秋山 : デビュー戦では中団前目につけ4角で外に出すと直線で良く伸びましたがウィクトーリアから0.5差の2着でした。2走目は+16kgで重め残りだったか道悪が合わなかったのか0.9差の6着。次走は中団から良く伸び2着。続いてのレースでは中団前目から直線良く伸びて完勝。4戦目で初勝利をあげました。今年に入って2戦は共に中団から直線伸び負けて5着という結果に。東京は良いと思いますが現状力不足だと思います。

グランデストラーダ 横山典 : デビュー戦は中団から直線良く伸びて完勝も5頭立てで時計も遅く評価は出来ませんね。3ヵ月ぶりの2走目は中団から直線で伸びず1.3差の9着。さらに3ヵ月開けた前走のミモザ賞は中団から直線でそれなりに伸びましたが0.3差の3着に終わりました。ここでは力不足だと思います。*矢車賞へ向かうようです。

シャドウディーヴァ 岩田康 : デビュー戦は後方から直線ごぼう抜きで0.2差の2着。2走目は中団から直線良く伸びてアタマ差の2着。3走目は中団から直線で狭い所を割って伸びると後続を突き放し圧勝。強い勝ち方でした。前走のフラワーカップは後方から直線で内から伸びて来ましたが0.7差の4着でした。今回走り慣れた東京2000mに替わるのは良いと思うのでこの相手でも上位争い出来るのではないでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

フローラS2019~見解①
フローラSの出走馬を見ていきましょう。アモレッタ 三浦 : デビュー戦は阪神2000m。単勝1.5倍の圧倒的な1番人気。レースは先行するも行きたがる仕草をみせていましたね。直線に入り先頭に並びかけるもなかなか抜け出せず後ろの馬も迫ってきましたが何とかクビ差抜け出し優勝。期待ほどの結果ではなかったですが見栄えのする好馬体で先々は走ってくるのではないでしょうか。ただここで走れるかは半信半疑ですね。
フローラS2019~見解③
フローラSの出走馬を見ていきましょう。ジョディー 武藤 : デビュー戦と4走目の赤松賞を勝ち阪神JFに挑戦しましたが惨敗の16着。続くクイーンCは逃げ粘りクロノジェネシスから0.1差の3着と頑張りました。前走のフラワーカップは2番手からの競馬で直線良く粘りましたが0.9差の5着でした。これまでの結果を見ると東京で武藤騎手が乗って逃げると馬券に絡んでいますね。今回は東京で武藤騎手ですからこれで逃げることが出来れば馬券絡みがあるかもしれません。ただ逃げ宣言をしているウィクトーリアの存在は気になります。
フローラS2019~見解④
フローラSの出走馬を見ていきましょう。フェアリーポルカ 和田 : デビュー戦は阪神2000m。好位のインにつけ直線最内の狭い所をついて伸び先頭を捕らえると後続を突き放して完勝。時計は遅かったですが楽勝でした。続く若駒Sは好位追走から直線でも粘りましたがヴェロックスから0.6差の3着でした。前走の君子蘭賞は中団外目で折り合い直線で抜け出すと後続に詰め寄られましたが1/2差凌いで優勝。初の東京で輸送がどうかの心配はありますが好位につけられればそれなりにやれそうですね。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら