きさらぎ賞2020~見解②

競馬予想

きさらぎ賞の出走馬を見ていきましょう。第2弾

サイモンルモンド 和田 : デビューから2戦はダートで後方から脚を使って2着1着。良い勝ちっぷりでしたがレースレベルには疑問。5頭いる兄弟馬は1頭も馬券に絡めていませんし初芝のここは厳しそうです。

サトノゴールド 幸 : デビュー戦は2番手から抜け出し最後まで抜かせないで新馬勝ち。続く札幌2歳Sはスタートで出遅れ後方から。道中追走に苦労しつつも直線に入るとぐんぐん伸びて2着まで追い上げました。良い瞬発力を持っているのでもう少し前目につけられればチャンスも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ストーンリッジ シュタルケ : 兄弟にはカミノタサハラなど活躍馬多数の良血。デビュー戦は2番手から楽々抜け出し着差以上の完勝。血統的にはいきなり通用しても。

トゥルーヴィル 北村友 : デビュー戦は少頭数の中団前目につけ直線で一旦狭い所を割ろうとしましたが厳しく外へ切り替えるとぐんぐん伸びて完勝。かなり強い勝ち方でしたが超スローで時計も遅くレースレベルは微妙。評価の難しい馬ですが一発の可能性も。

以上、出走馬を見ていきました。

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら