NHKマイルカップ~見解②

競馬予想

NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑩カワキタレブリー 菅原明 : デビュー勝ちの後、函館2歳S5着、デイリー杯3着とマズマズ。シンザン記念では後方から少し伸びて8着。自己条件を勝って前走のアーリントンCでは好位につけて直線に入り一旦先頭に並びかけましたが失速。11着に終わりました。小柄な馬ですしあまり上積みも感じられないのでここでは厳しそうです。

⑪インダストリア レーン : デビュー2戦目で初勝利。続くジュニアカップでは直線で外に出して反応が鈍かったもののエンジンが掛かると一気に加速し楽勝。2連勝を決めました。前走の弥生賞では直線で最後方からぐんぐん伸びてきましたが0.3差の5着でした。どこからでも競馬が出来るタイプですし終いは良い脚を使えますがエンジンの掛かりが悪くて差し遅れてしまいますね。いくら直線の長い東京でもG1のメンバーでフルゲートだと反応が鈍いのは致命傷になりそう。

⑫セイクリッド 菊沢一 : デビューからダートを使われ2戦目で初勝利。血統的にも芝で良さが出る感じもありませんし軽視でいいでしょう。

⑬ジャングロ 武豊 : 初勝利まで4戦かかりましたがレースでは逃げて突き放す圧勝。東京マイルのベゴニア賞では逃げて直線で捕まり6着も0.2差。ペースが遅すぎましたね。中京2歳Sではレコードで逃げ切り圧勝。マーガレットSでは前をカットされる不利もあり馬群での競馬になりましたが直線抜け出し差し切り勝ち。前走のNZTでは絶妙なペースで逃げると最後はマテンロウオリオンに迫られましたがしぶとく二の足を使ってアタマ差抑え切り3連勝で重賞初制覇を決めました。東京マイルに替わって逃げ切るのは難しいと思いますが成長した今なら頑張れるかもしれません。まぁ陣営の感じでは無理に逃げるつもりもなさそうなので他が行けば控えるかもしれませんがどうでしょうか。

⑭フォラブリューテ 大野拓 : デビュー戦は圧勝。続くアルテミスSでは後方につけ徐々に押し上げて行き直線で外から伸びて来ましたがサークルオブライフにあっさり交わされ5着。紅梅Sでは中団後ろにつけやや掛かり気味。直線に入り外に出すと良い伸びを見せ差し切り勝ち。前走の桜花賞では外枠でしたし出遅れもあって競馬にならず14着惨敗でした。力を出していないので度外視したいですね。デビュー戦が強かったですし左回りの方が良いのかもしれません。アルテミスSの時は当日輸送で入れ込んだらしく今回は前日輸送で万全を期していますので変わり身あるかも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑮オタルエバー 横山和 : デビュー戦で逃げ切り勝ち。新潟2歳Sでも逃げて3着と好走。その後自己条件で逃げて2着1着。朝日杯ではスタートがイマイチで逃げられずに好位からになり直線で伸びがなく12着と完敗。前走のファルコンSでは中団後ろにつけ直線に入ると外からじわじわ伸びて3着でした。展開と馬場が向いた感じですが差して来れたのは収穫。ただこのメンバーに入ると寧ろ逃げた方がチャンスはあると思いますがどうでしょうか。

⑯プルパレイ デムーロ : 3走前の朝日杯FSでは好位につけ直線に入ると一旦先頭に立ちましたが直ぐに交わされて8着でした。クロッカスSでは出遅れて最後方からになりますが直線で上り32.5の脚を使い2着。前走のファルコンSでは出遅れて中団のイン。直線でも内から伸びて来て抜け出す完勝。他馬がごちゃつくなか、スムーズに抜けてきたので評価が難しいですね。それなりの力はあると思いますが外枠は痛いか。

⑰ステルナティーア 池添謙 : ステルヴィオの全妹。デビュー戦は中団から馬なりで先頭に並びかけ追い出されるとぐんぐん伸びて楽勝。スローとはいえ上がり32.7の脚を使いました。サウジアラビアRCでは中団前につけ直線で良く伸びましたがコマンドラインと0.1差の2着。阪神JFでは中団から流れ込んだだけの7着。前走のチューリップ賞では後方につけ直線でも伸びがなく11着に終わりました。池添騎手に乗り替わりは怖いですがまだG1では力不足でしょう。

⑱ダノンスコーピオン 川田将 : デビューから2連勝。朝日杯FSでは一旦好位につけるも控えて中団。直線で前を追いますが0.2差の3着でした。共同通信杯では戦前から状態が悪いと言われていたように見せ場もなく7着に終わりました。前走のアーリントンCでは中団馬群でじっくり脚を溜め直線に入って2着馬の後ろから抜け出すとぐんぐん伸びてゴール前でクビ差交わしてゴール。重賞初勝利を飾りました。マイルは合っていますし能力も高いですが大外枠は厳しいですね。上手く乗れれば。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら