オークス2019~見解③

競馬予想

オークスの出走馬を見ていきましょう。第3弾

ウインゼノビア 松岡 : デビューから3戦は2着1着1着と強さを見せていました。続くアルテミスSもシェーングランツの4着とまずまず。阪神JFは直線失速して惨敗。休み明けの前走フローラSは好スタートから好位のインにつけ直線で抜け出して来そうな感じがあったものの先頭に並びかけるまでで力尽き逆に突き放されてしまい勝ったウィクトーリアから0.4差の7着まで。スタートの速い馬で今回も良いポジションを取れそうですし東京なら阪神のようなことはないかもしれません。あまり高速決着になると厳しいと思いますが人気程弱い馬でもないと思いますがどうでしょうか。

カレンブーケドール 津村 : 2走前のクイーンカップは好位からレースを進めましたが直線伸び負けて勝ったクロノジェネシスから0.2差の4着。着差は僅かですが力の差は感じましたね。前走のスイートピーSは出遅れて後方からになりましたが向こう正面で早めに動き好位まで上がって行きました。直線で抜け出すと最後まで良く粘り2着馬をクビ差抑えて優勝。時計も遅くレベルの低い一戦だったと思いますがこの馬自身はなかなか強かったですね。しかしこの相手で馬券に絡んでくることはなさそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ラヴズオンリーユー デムーロ : リアルスティールの全妹という良血馬でデビューから3戦全勝でここへ。3戦全て上がり最速で完勝ですがどれも9頭以下の少頭数で相手のレベルも低いですね。なかなか評価が難しいですがどれも勝ちっぷりが良いので強い馬だと思っていいでしょう。前走はスタート後に他馬にぶつけられるとエキサイトしてしまい引っ掛かってしまいましたね。距離延長は良くないのかもしれません。兄のリアルスティールも菊花賞2着はありますがベストは1800mだったと思うのでこの馬もそれくらいが良さそうではあります。

フェアリーポルカ 幸 : 2走目の若駒Sは牡馬相手に唯一の牝馬で挑戦。好位のインにつけ直線も良く粘り勝ったヴェロックスから0.6差の3着と頑張りました。君子蘭賞は中団から直線で良く伸びて抜け出し最後は後続に詰め寄られましたが1/2差抑えて優勝。前走のフローラSは中団から3角手前で上がって行き直線良く伸びて先頭に並びかける所まで行きましたが最後は交わされて勝ったウィクトーリアから0.1差の5着。イマイチ切れ味が足りない現状ではありますがデビューから長めの距離を使われているように長距離適正はありそうなのでそれなりにはやれるかもしれません。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

オークス2019~見解①
オークスの出走馬を見ていきましょう。シゲルピンクダイヤ 和田 : 2走前のチューリップ賞では出遅れて最後方から。4角で外に出すのに手間取りながらも外に出せると一気に伸びて最速の上りで前に迫りましたが買ったダノンファンタジーから1馬身差の2着まで。前走の桜花賞では出遅れて後方から。3~4角で加速していき直線へ入ると徐々に馬場の内目に進路を取るとぽっかり開いた馬場の中をグングン伸びて上がり最速32.7で2着に突っ込んで来ました。勝ち馬には離されてしまいましたがこの馬自身も速い時計で走れていますしレベルの高いレースでしたね。今回は初の関東圏への輸送と左回りそして800mの距離延長と越えなければいけないハードルが多いですがどうでしょうか。特にダイワメジャー産駒ということで長距離戦で力が出せるのかは心配ですね。それにイレ込みやすいので長距離輸送もどうか。しかしどのレースも加速が速く直線で不利があったデビュー戦以外は上がり最速の脚を使っていますからここでも崩れることはなさそうです。あとは出遅れなければですね。
オークス2019~見解②
オークスの出走馬を見ていきましょう。ジョディー 武藤 : ここまで「東京・武藤・逃げ」の3つの要素が揃ったときは全て馬券になっていますね(2-0-2-0)。今回も東京で武藤騎手なのであとは逃げられればといったところですがコントラチェックの存在が厄介。それにダイワメジャー産駒なので距離延長も問題ですね。さすがに今回は厳しいか。 コントラチェック レーン : オークス3着のバウンスシャッセの半妹。逃げた3戦は全て1着。今回はジョディーが抽選を通ったことで逃げは譲りそうな感じはありますね。前走のフラワーカップはマイペースの逃げで直線後続を突き放し最後は抑える余裕。しかしこれまで小回りのコースしか経験していませんし大箱の東京で同じような競馬が出来るかかなり怪しいと思います。注目のレーン騎手ですがさすがに連勝とはいかないでしょうね。
オークス2019~見解④
オークスの出走馬を見ていきましょう。ノーワン 坂井 : 2走前のフィリーズRに出走すると中団で脚を溜め直線で狭い所を割って鋭く伸びて1着同着。他馬に迷惑をかけましたが罰金で済みました。前走の桜花賞は中団から直線伸びがなく勝ち馬から1.5差の11着でした。キャリア7戦目で初めて崩れてしまいましたね。さすがに相手が強すぎで時計も速すぎました。今回も高速決着になりそうですから出番はないでしょうね。 ビーチサンバ 福永 : 2走前のクイーンカップは出遅れて最後方から。4角で大外に出し直線へ入るとクロノジェネシスと併せて上がって行きましたが最後まで抜かせてもらえずクビ差の2着。出遅れなければといったところですが相手はまだ余裕がありそうでした。前走の桜花賞は後方からになりましたが3角入口から捲り気味に上がって行き直線に入ってもしっかり伸びましたが勝ち馬から0.5差の5着でした。しかし2着のシゲルピンクダイヤや3着のクロノジェネシス、4着のダノンファンタジーとは0.1差でした。通った所を考えればもう少し評価して良いかもしれませんね。東京は走り慣れていますし距離延長はプラスに出そうな感じもあります。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら