桜花賞2019~見解③

競馬予想

桜花賞の出走馬を見ていきましょう。第3弾

クロノジェネシス 北村友 : 阪神JFは出遅れて後方からになってしまいましたが4角で大外を廻し追い上げ直線へ。ダノンファンタジーとの叩き合いになりましたが1/2差競り負け2着。前走のクイーンCはスタートを決めるも抑えて中団から。道中やや掛かり気味になるのをしっかり抑えこんで後方まで下がり4角では後ろから2番手あたり。直線に入ると良く伸びて優勝。最後はビーチサンバにクビ差まで詰め寄られましたがまだまだ手ごたえには余裕がありましたね。少し気難しい感じはありますが出遅れなければダノンファンタジーを逆転まであるかもしれません。

フィリアプーラ 丸山 : デビュー2戦目の未勝利戦はスタートを決めて中団につけるも徐々に位置取りが悪くなり後方から。直線では絶望的な位置取りでしたがそこから一気に伸びて先頭をとらえ突き放す圧勝。前走のフェアリーSはスタートを決めて先頭に行くも前に入られると後退して後方から。4角で外に出す時に周りの馬にかなり迷惑をかけてしまいましたが直線では良く伸びて優勝。ただ10着あたりまで差のない決着でしたし時計も遅くあまり評価は出来ませんね。とはいえ未勝利戦の勝ちっぷりは良く注意は必要かも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

メイショウケイメイ 古川 : デビューから2戦の1200m戦はともに完勝。阪神JFは先行しましたが直線で失速し11着。1400mの紅梅Sを勝ちフィリーズRは5着。成績からはマイルは長そうですね。

グランアレグリア Cルメール : デビュー戦でダノンファンタジーに完勝。続くサウジアラビアRCでは出遅れて後方からになりましたが早めに追い上げ3角では2番手に。直線に入ると先頭を捕らえて後続を突き放し完勝。前走は牡馬相手の朝日杯に出走。2番手からレースを進めましたが直線に入り外から併せられると内に寄れて手ごたえが怪しくなり3着に終わりました。初の牡馬相手が堪えたか長距離輸送が堪えたか右回りが合わなかったのか、敗因はハッキリしませんが力があるのは間違いないですし阪神も2度目ならもっとやれそうです。

アウィルアウェイ 石橋脩 : デビュー戦とダリア賞をともに完勝。京王杯はスローで掛かり気味になるのを抑えて首を上げる場面もありながら直線では良く伸びファンタジストのハナ差2着。前走のフィリーズRは前に行き2番手で直線に向きましたがそこからの伸びがなく0.3差の7着でした。珍しく好スタートを決めて前に行けたものの逆に脚が溜まらなかったかいつもの伸びがなかったですね。現状はじっくり溜めていった方が良さそう。今回は同じ阪神でも外回りに替わるので切れ味を生かせそうですし1600mは初めてですがマイルの新星インディチャンプの妹なのでむしろ向くかもしれませんね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

桜花賞2019~見解①
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。ダノンファンタジー 川田 : デビュー戦でグランアレグリアに完敗しましたがその後4連勝。阪神JFでは後方から外を廻して直線良く伸び完勝。前走のチューリップ賞は好スタートから好位の最内でレースを進め道中やや掛かり気味になりながらもしっかり抑え直線で前が壁になりながらも外に出すと一気に伸びて完勝。かなりのロスがありながらこの強さですから力が抜けていますね。どこからでも競馬が出来るタイプなので崩れることはなさそうですね。ここも勝ち負けになるでしょう。怖いのは実際に負けているグランアレグリアか。
桜花賞2019~見解②
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。プールヴィル 秋山 : 阪神JFでは好位の内から直線で伸びてくる所で前をカットされてブレーキをかける不利がありながらダノンファンタジーから0.4差の5着。続く紅梅Sでも直線入口で前をカットされながら追い上げアタマ差の2着。前走のフィリーズRでは中団前の内で脚を溜め直線では前が壁になりましたがカニ歩きで何とか外に出せると一気に伸びて1着同着。かなりの力があると思います。1400mで3勝2着1回に対して1600mでは4着5着と結果が出ていませんがデビュー戦は直線で壁が出来て抜け出せずに脚を余しての4着だし阪神JFも上に書いたように不利がありました。あれがなければダノンファンタジーともっと差のない競馬になっていたハズでまだ勝負付けは済んでいないと思います。内枠を引ければ重い印を打ちたいですね。
桜花賞2019~見解④
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。シェーングランツ 武豊 : デビュー2戦目の未勝利戦と続くアルテミスSでは後方からの競馬でエンジンの掛かりは遅いが一旦エンジンが掛かるとかなりの伸びを見せ完勝。阪神JFはスタートを決めたがじわじわ下げて後方から。馬群がひと固まりで内枠だったぶん外へ出すのに時間がかかってしまいなかなか脚を使えない状態で僅差の4着なら上々でしたね。休み明けのチューリップ賞もスタートを決めるがじわじわ下げて後方から。4角から押して外を上がって行き直線を向くがいつもの伸びが見られず0.5差の5着まで。休み明けの影響もあったと思うので一叩きの今回はもっとやれるでしょう。スタートも決まるようになったので中団くらいには付けて来そうだし外目の枠を引ければこの相手でも差し切る力はあるのではないでしょうか。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら