皐月賞2019~見解①

競馬予想

皐月賞の出走馬を見ていきましょう。

①アドマイヤマーズ Mデムーロ : 2走前の朝日杯は先行し大本命のグランアレグリアに早めに併せに行き競り落として完勝。前走の共同通信杯は押してハナを切り逃げの手にでました。スローペースで上がり勝負になりましたが残り200mで交わされその後もよく食い下がり0.2差の2着。敗れはしましたが3着以下を突き放していますし力は示せたでしょう。一叩きで上積みがあるでしょうし上位争い出来そうです。

②サトノルークス 池添 : 道悪のデビュー戦こそゴータイミングにクビ差負けてしまいましたがその後3連勝。前走のすみれSは2番手からの競馬。直線楽に抜け出すと余裕を持って完勝。1kgの斤量差はありましたがアドマイヤジャスタを完封出来たのは大きいですね。まだまだ成長途上で完成は先になりそうですが中山向きの脚質で内枠も引けたのでここでも好勝負出来るかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③ファンタジスト 武豊 : デビューから3連勝で朝日杯に出走。中団外を追走し直線も良く伸びましたが0.6差の4着でした。前走のスプリングSは後方から。3~4角で外から上がって行き直線も良く伸びましたがアタマ差の2着まで。勝鞍は1400mまでですが1800mの前走で距離に目途は立ちましたね。今回はさらに1ハロン伸びますがあまり速くならなければ対応できそうです。どこからでも競馬が出来ますし末脚はしっかりしているのでここでも上位に来れる可能性はありそうですね。

④ダノンキングリー 戸崎 : デビューから3連勝の無敗馬。前走の共同通信杯は好位のインでじっくり脚を溜め直線でしっかり伸びて残り200m辺りで前を捕まえ0.2差を付け完勝。1kgの斤量差はありましたが強い勝ち方でしたね。デビュー戦こそ遅い時計での辛勝でしたが2戦目のひいらぎ賞ではハイペースを中団で追走し3~4角を外から一気に捲って行くと直線もしっかり伸びて後続を突き放す圧勝。かなり強かったですね。ここでも十分勝ち負けに絡める力がありそうなので馬群に囲まれて不利を受けたりしなければいいですね。

⑤ランスオブプラーナ 松山 : 1400mを3戦し2着1着2着の後1800mに伸ばしたきさらぎ賞で逃げ粘り初重賞で3着と頑張りました。つづくアルメリア賞を逃げ切ると前走の毎日杯も逃げ切って重賞初制覇。ここは単騎で行けそうですから粘り切る可能性もありそうですが短期間で使い過ぎているので体調面が心配ではあります。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

皐月賞2019~見解②
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。⑥クラージュゲリエ 横山典 : 2走前の京都2歳Sは好スタートを切って前につけるも徐々に下がって後方から。3~4角で追い上げ直線に入ると良く伸びてブレイキングドーンとの叩き合いを制して優勝。前走の共同通信杯は中団につけ3~4角で押して行くも反応はイマイチ。直線に入り外に出すとじわじわ伸びて0.8差の3着。2戦続けて2桁増でやや重め残りだったかも。一叩きの上積みはありそうですがこのメンバーに入ると掲示板が精一杯な感じですがどうでしょうか。
皐月賞2019~見解③
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。⑪ラストドラフト Aシュタルケ : デビュー戦を勝って続く京成杯は2番手から直線入口で先頭に立つと最後までしぶとく伸びて0.2差をつけて優勝。前走の弥生賞はルメールJ→田辺Jという酷い乗り替わり。重馬場の中厳しいペースで逃げてしまい終いを無くして直線失速。0.7差の7着に終わりました。かなり酷いレースになってしまいましたがさすがに度外視していいでしょう。ここはランスオブプラーナが行ってくれるでしょうからレースはやりやすくなりそうなので一変があってもいいかもしれません。
皐月賞2019~見解④
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。⑮クリノガウディー 藤岡祐 : 2走前の朝日杯は好位のインで脚を溜め直線外へ出すと良く伸びて0.3差の2着。グランアレグリアに先着しましたね。前走のスプリングSは逃げの手に出て残り150mあたりまで粘っていましたが0.4差の6着に終わりました。G1で2着があるとはいえ内枠で展開も嵌った感じですしマイルがベストならここは厳しいのではないでしょうか。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら