スプリンターズS2020~見解②

競馬予想

スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第2弾

ダイアトニック 横山典 : 3走前の高松宮記念で初めて1200m戦に出走しましたが3着と好走。直線での不利がなければ勝っていたハズでスプリント戦向きのスピードと切れを持っていますね。続く函館記念では2番手から楽々抜け出す完勝で力を証明。前走のキーンランドカップでは全く走れず15着と惨敗してしまいましたがこの日の内目の馬場は最悪の状態で1番枠を引きどうにも出来ませんでしたから度外視していいでしょう。ここは当然巻き返してくるでしょうし能力自体高いと思いますので中心視したい馬ですね。しかし残念ながら武豊騎手が凱旋門賞のため乗れなくなり横山典騎手に。他の誰が乗っても本命のつもりでしたが横山典騎手だけは本命にしたくないので予想が難しくなってしまいました・・・

ダイメイプリンセス 秋山真 : このレースは過去2年出走し4着6着とマズマズ。しかしここ1年で馬券になったのは3走前の韋駄天Sの3着のみ。まだまだ走れる力はあるでしょうがしかし既に7歳でゆっくり下降線でしょうね。このメンバーに入るとさすがに厳しそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ラブカンプー 斎藤新 : 2年前のこのレースで2着に入り大穴を開けましたがその後は2年近くほぼ2桁着順続き。しかし5走前の韋駄天Sでやや復調気配があり次走のCBC賞で久々の勝利。これで復活かと思いましたがそこから3走は再度2桁着順に。今回も特に復調の兆しはなく軽視が妥当でしょうね。

レッドアンシェル デムーロ : 昨年の彦根Sで1200m戦に初出走し完勝。続くCBC賞も勝ち連勝。しかし今年初戦のシルクロードSではスタートで前扉に顔をぶつけたらしく最下位。続く1400mの京王杯SCも11着と走れず。2走前のCBC賞では前には離されましたが何とか3着は確保。そして前走の北九州記念では初めてブリンカーを着用し優勝。57kgのトップハンデでしたが中団から鮮やかに差し切りましたね。陣営はブリンカー効果がかなりあったとのことで今回も使うようです。これでサマースプリントチャンピオンに輝きました。勢いもあり調教も動いているのでチャンスはありそうですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

スプリンターズS2020~見解①
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第1弾 グランアレグリア ルメール : 2走前の高松宮記念で1200m戦に初出走。道悪で前残り馬場&展開の中、後方から直線だけで追い込んで繰り上がりの2着(実質4着)。前走の安田記念ではアーモンドアイを寄せ付けず圧勝。これで桜花賞以来マイルG1・2勝目を決めました。鮮やかな勝ちっぷりからはマイル向きは明らかで究極のスピード勝負になりがちなスプリンターズSで力を出せるかは微妙。ただ今の中山は例年とは違いかなり時計が掛かっているので対応出来るかもしれませんね。
スプリンターズS2020~見解③
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第3弾 ライトオンキュー 古川吉 : 2走前のUHB賞を完勝。前走のキーンランドカップは中団から3~4角を大外を廻って上がって行き直線でもじわじわ伸びて先頭に立ちましたが最後にエイティーンガールに交わされて2着でした。勝ち馬とは斤量差があった分でしょうか。1200mでは3-2-0-2と好走出来ていますが持ち時計が遅いので時計が掛かって欲しいですね。一雨降れば面白い存在になりそう。
スプリンターズS2020~見解④
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第4弾 キングハート : ラブカンプーの兄。7歳馬ですが調教も動いており特に衰えは感じませんがさすがにこのメンバー相手では厳しいでしょう。 ビアンフェ 藤岡佑 : デビュー3戦目の函館2歳Sで重賞初制覇。続く京王杯2歳Sでも2着と力を見せました。前走のセントウルステークスで古馬と初対戦でしたがレースは3番手で進め直線に入るとじわじわ前に迫り一旦勝ち馬に並びかける所まで行きましたが最後は突き放され後続にも交わされてしまい5着に終わりました。見せ場を作ってまずまずの競馬でしたね。中京は得意ではないとのことで舞台替わりのここはチャンスがあるかもしれません。デビュー戦でも502kgと大きな馬ですが前走はとうとう560kgに。パワーがあるので今の中山の馬場なら楽しみですね。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら