宝塚記念2019~見解①

競馬予想

宝塚記念の出走馬を見ていきましょう。

アルアイン 北村友 : これまで菊花賞以外はほぼ崩れず走っていますがなかなか勝ち切れていませんでした。前走の大阪杯は皐月賞以来2年ぶりの勝利。しかしかなりのスローで好位のインから抜け出しただけの展開と枠番に恵まれた勝利ではありました。今回の阪神も2200mも得意なのでまた恵まれるかもしれませんがどうでしょうか。

エタリオウ 横山典 : これまでキャリア11戦で7回も2着になっているシルバーコレクター。未だに未勝利戦の1勝のみで勝ち身に遅いですね。前走の天皇賞春はスタートを決めるも全く行く気がなく後方から。残り1000mあたりから押して上がって行きましたが直線で手ごたえが怪しくなり伸び負けて4着に終わりました。さすがにこれでは鞍上が責められるのも仕方ないですね。今回は鞍上が横山典騎手に替わりますがこれまた何をしてくるのか分からないです。しかし阪神2200mはおそらくベストな条件ではないかと思うので一発あるならここでしょうね。前走馬券圏外になったことで少しでも人気が落ちるなら美味しいかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

キセキ 川田 : 昨年のこのレースは不調時だったとはいえ後方から特に見せ場もなく8着。前走の大阪杯はスローペースの2番手に控え終いのキレもなく2着に終わりました。泥んこ馬場の菊花賞を勝っているものの高速馬場をスピードで押し切るようなレースのほうが向いていそうなので2番手に控えず自ら引っ張っても良かったのかもしれませんね。今回は逃げたい馬もいなさそうなのでこの馬が行くでしょうか。ただこの時期の阪神は差し馬向きの馬場になることが多いので勝ち切る所までいくかどうか。

クリンチャー 三浦 : 菊花賞2着や天皇賞春3着など力のある所を見せていましたが昨年フランスへ遠征してからおかしくなってしまいました。前走の天皇賞はそろそろ復活してくるかと思いましたが後方のまま何も出来ずに終わってしまいましたね。軽い馬場だったのも良くなかったでしょうか。この時期の阪神なら良馬場でも力のいる馬場になりがちなのでもう少しやれても良いかもしれません。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

宝塚記念2019~見解②
宝塚記念の出走馬を見ていきましょう。ショウナンバッハ 吉田豊 : キタサンブラックの半兄。8歳馬ですがまだまだ元気ですね。ここ2走は上がり最速の脚で上位に突っ込んで来ています。しかしどちらかというと左回りで直線の長いコース向きだと思うので阪神の内回りでは厳しいかもしれませんね。ただこの条件得意なステゴ産駒でもありますし外差し馬場で前崩れの展開になればワンチャンあるかも。
宝塚記念2019~見解③
宝塚記念の出走馬を見ていきましょう。ノーブルマーズ 高倉 : 昨年のこのレースを人気薄で3着と激走。宝塚記念前に2着2着と調子を上げての参戦でした。その後は重賞ばかりを5走しイマイチな成績でここへ。今年は昨年ほどの勢いもないですし厳しいのではないでしょうか。 マカヒキ 岩田 : ダービー馬ですが凱旋門賞以来調子を落として3年近く勝てていませんね。強い相手にもそんなに負けてはいないのですが大体後方から直線で差を詰めて掲示板という競馬が続いています。前走の大阪杯は後方から運び直線では進路を探すのに手間取ってしまいまともに追えたのはラスト1ハロンだけでした。そこから伸びて勝ったアルアインから0.2差の4着なのでスムーズならもっと際どかったでしょうね。ここも後方からになると思いますが終いはしっかり伸びてくるので展開さえ嵌れば上位争いに加わってもおかしくないでしょう。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら