エリザベス女王杯2021~見解①

競馬予想

エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第1弾

①レイパパレ ルメール : デビューから5戦5勝でG3チャレンジカップを制覇。続く大阪杯では一気のメンバー強化なうえ道悪で力のいる馬場。逃げの手に出てハイペースで後続を引っ張り上がりも最速で4馬身突き放す圧勝。6戦無敗でG1初制覇を飾りました。道悪適正が高かったのでしょうがそれにしても強かったですね。宝塚記念ではスローの2番手からの競馬。4角で逃げ馬に並びかけ直線で叩き合いになりましたがクロノジェネシスにあっさり交わされると結局逃げ馬にも競り負け3着に終わりました。勝ち馬はともかく逃げ馬を交わせなかったのは期待外れでしたね。前走のオールカマーでは好スタートを切り2番手につける。4角で先頭に並びかけ直線に入り抜け出しますが残り100m辺りでウインマリリンに交わされさらに2頭に交わされて4着に終わりました。残り100mでぱったり止まってしまいましたね。これで2戦連続2200m戦で敗れてしまいやはり1ハロン長いもよう。56kgの斤量も堪えているのかも。今回も最後に差されてしまうかもしれませんが牝馬限定戦なので我慢できるかどうか。

②クラヴェル 横山典 : これまで12戦して掲示板を外したのは1回だけという堅実派。3勝クラスを勝ち切れていませんがここ3戦は重賞で2着3着3着と好走。相手なりに走れていますね。これまではある程度の位置を取っていましたがここ3戦は後方に構えて直線一気で伸びて来ています。この鞍上ですから極端な戦法になってきますね。今回もギリギリまで動かないと思いますがこの相手だとまた掲示板止まりではないでしょうか。

③アカイトリノムスメ 戸崎圭 : ディープ×アパパネという超良血馬。デビュー戦こそ7着でしたがそこから東京で3連勝。桜花賞ではスタートが少し遅かったですが直ぐに前に行き好位につける。直線に入りじわじわ前を追い勝ったソダシから0.2差の4着でした。オークスでは先行集団の後ろ。直線に入りソダシを利用する感じで抜け出しますが勝ったユーバーレーベンには1馬身追いつかず2着まで。前走の秋華賞ではスタートを決めてじわじわ前に行き好位の外。3~4角で押して上がって行き直線でも最後までしぶとく伸びて抜け出し優勝。G1初制覇を飾りました。スパッと切れる感じはありませんが長く良い脚を使えていますね。今回の条件は合うでしょうし斤量も軽いのでチャンス十分でしょう。

④イズジョーノキセキ 和田竜 : デビュー2戦目で初勝利。2走前のマーメイドステークスでは中団につけて3~4角で徐々に上がって行き直線に入ると外から前を追いましたがいつもの伸びがなく流れ込んだだけで7着に終わりました。前走は3勝クラスの西宮Sに出走し中団から直線で良く伸びてジェラルディーナの2着。条件戦を勝ち上がれずにG1出走となりますが相手なりには走って来そう。スタートが良いので中団辺りで脚を溜められますし終いは上位の脚を使ってくるのでこの相手でもそれなりにやれるかもしれません。

⑤ステラリア 松山弘 : デビュー3戦目で初勝利。忘れな草賞を勝ちオークスへ出走。スタートから出して行き2番手からの競馬になって直線で失速。13着と大敗してしまいましたが前には厳しい流れになり後方の馬が台頭したので度外視していいでしょう。秋華賞では後方から直線一気で伸びて来て6着でした。勝ったアカイトリノムスメとは0.5差とそこまで負けていませんし1角で他馬に前に入られブレーキをかけて位置が下がってしまったこともあるので休み明けにしては良い内容だったと思います。叩いた上積みはありますし斤量差もあるので上位争いに加わってくるかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑥ランブリングアレー 吉田隼 : 若駒のころはなかなか勝ち切れないレースが続きましたが昨年1勝クラスを突破するととんとん拍子にオープンへ昇格。愛知杯では中団から直線で馬群を割って抜け出しゴール前でマジックキャッスルに差されましたがクビ差の2着。中山牝馬Sでは中団につけ3~4角で外から上がって行き直線でも最後までしっかり伸びてハナ差の差し切り勝ち。不良馬場でも良い脚を長く使いましたね。2走前のヴィクトリアマイルでは中団後ろにつけ直線で外に出すとぐんぐん伸びて勝ったグランアレグリアには4馬身離されましたが2着と好走。中距離馬だと思いますがマイルG1で好走出来るとはかなり力を付けてきているようです。前走のオールカマーでは中団から直線でじわじわ伸びて7着でしたが0.6差。休み明けだったので一叩きで状態が上がっているようですしチャンスはありそうです。

⑦シャムロックヒル 団野大 : 初勝利まで10戦かかりましたが次走も勝ち2連勝。2戦前のマーメイドステークスは50kgの斤量を生かしてスローの逃げに待ち込みまんまと逃げ切り勝ち。前走のクイーンステークスでは3番手につけましたが3~4角で既に手ごたえが悪く直線ではズルズル後退し9着に終わりました。ここも2~3番手からになりそうですがとても通用する感じはありませんね。

⑧テルツェット デムーロ : これまで8戦して6-0-1-1。3走前のダービー卿CTでは出遅れて後方から。3~4角で外から上がって行き直線しっかり伸びて完勝。重賞初制覇を飾りました。スピード勝負にも対応出来ましたね。ヴィクトリアマイルではやや出遅れて後方から。直線では最内からそれなりに伸びて来ましたが最後は止まってしまい14着と初めて崩れてしまいました。当日は入れ込みがキツかったようですし時計も速すぎましたね。前走のクイーンステークスでは後方から直線で馬群を割ってぐんぐん伸びて差し切り勝ち。即巻き返して来ましたね。時計の掛かる馬場も合っていたのでしょう。ここは2200mの距離がどうかですね。切れる脚はあるので展開が嵌ればチャンスはありそうです。

⑨ウインマリリン 横山武 : 昨年はオークス2着、エリザベス女王杯4着とG1でも好走。特にエリザベス女王杯の上位3頭はかなり強い相手だったので立派な4着でした。今年初戦のAJCCでは不良馬場を苦にしたか6着。日経賞では好位から抜け出し優勝。天皇賞・春ではさすがに阪神の長距離戦は牝馬には厳しいかと思いましたが5着と好走出来ました。前走のオールカマーでは2~3番手のインにつける。直線に入り先に抜け出したレイパパレを交わしにかかりますが前が狭くなって一旦ブレーキをかけ外に出し再加速すると一気に突き抜けて優勝。かなり強かったですね。これだけ力を付ければここでも十分勝ち負けになりそうですが中間に肘の腫れと熱発があったそうで今は大丈夫ということですが動きはイマイチの様子。本番までにどこまで戻せるかにかかって来そうです。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら