フェアリーS2019~見解③

競馬予想

フェアリーSの出走馬を見ていきましょう。第3弾です。

フィリアプーラ 丸山 : 朝日杯FSを勝ち、NHKマイルC2着のアルフレードの半妹。デビュー戦は東京1800m。好スタートを切るも、徐々に位置を下げて後方から。直線で外に出すとよく伸びましたが、勝ち馬からクビ+ハナ差の3着まで。2戦目は中山1600m。後方からレースを進め、3~4角で外々を周り距離ロスが大きく直線入口では絶望的な位置取り。しかし、そこからグングン伸びて前を捉え0.2差突き放してゴール。時計も速く強かったですね。

プリミエラムール 武藤 : デビュー戦は東京1600m。好スタートから前へ。直線3番手からしぶとく伸び前を捉えるも後続に交わされ3着。2戦目は東京1400m。スタートから押して前に行こうとするが周りが速く中団前目の位置取り。直線外に出すとよく伸びて2着に2馬身差をつけて優勝。距離短縮で良さが出た印象で、マイルに戻るのはマイナスかも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ホウオウカトリーヌ 大野 : 2戦目の中山1200m未勝利戦を勝ち、3戦目4戦目を2着。5戦目が中山1200m黒松賞。好スタートから前へ。先団馬群の中でレースを進め、4角を上手く周り直線へ。じりじり伸びゴール寸前で前を捉えて1/2差をつけゴール。良いスピードを持っているが、マイルに対応できるかどうか。

メイプルガーデン 丸田 : デビューから3戦全てダートを使われて未勝利勝ち。さすがにここでは。

レディードリー 柴田善 : 4戦目の未勝利で圧勝も、それ以外はイマイチで。

レーヴドカナロア Fブロンデル : 兄弟に阪神JF勝ちのレーヴディソールをはじめ活躍馬多数の良血馬。デビュー戦は札幌1500m。好スタートを切るも外枠のため前に行けずに後方から。3~4角をかなり大外を回って差を詰め、直線に入ると一気に伸びて完勝。2戦目の京都1400mファンタジーSは出遅れて後方から。道中、内から追い上げるも4角でまだ後方。直線で内をついて伸びてくるかと思ったが失速。勝ち馬から1.3差のブービー8着でした。敗因がイマイチわかりませんでしたね。道中脚を溜められなかったのか。今回距離を伸ばすが中山のマイルは合わない気がしますね。

以上、出走馬全頭を見ていきました。

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら