フェブラリーS2019~見解①

競馬予想

フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。

①クインズサターン 四位 : 昨年の武蔵野Sでサンライズノヴァと0.2差2着。前走の根岸Sは中団インから直線で馬群を縫うように伸びて来てコパノキッキングと0.4差3着。いつも速い上がりを使って伸びてくるので前走と同じように中団インにつけられればここでも上位に迫れるかも。

②ユラノト 福永 : 桜花賞3着でヴィクトリアMを勝ったコイウタの子。武蔵野S4着もあり東京マイルも問題なし。前走の根岸Sは好位からしぶとく伸びてコパノキッキングと3/4差の2着。いつも好位から堅実に走って崩れにくいタイプ。今回もインでロスなく運んで上位争いに顔を出しそう。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③ゴールドドリーム Cルメール : 中央のダートではここまで9戦して6-2-0-1の好成績。唯一崩れたのは3年前のチャンピオンズCだけ。ここ2戦は3歳馬に負けていますが斤量差もあったし地方の馬場はやや苦手のようで今回は同斤で東京マイルならまず崩れないでしょう。

④メイショウウタゲ 北村宏 : もう8歳だしここ2戦のレースっぷりからはとても買えないですね。

⑤サクセスエナジー 松山 : 前走は京都の1400mで逃げて圧勝。今回も逃げの手に出るハズ。マイルは初めてだが1700mで2着があるので距離が全くダメという訳ではなさそう。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

フェブラリーS2019~見解②
フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。⑥インティ 武豊 : デビュー戦9着の後6連勝でここへ。これまで2着馬につけた着差は合計30馬身以上という圧勝劇。スピード能力が高く2番手でも折り合え上りもほぼ毎回最速で上がってくる。G1初挑戦だが能力的には十分通用するでしょう。問題は初めての東京、初めてのマイル、初めての芝スタートという所ですがスピード能力の高さからはマイルも芝スタートも寧ろ向いている可能性が高く問題なし。ワンターンのコースも自身の上りが速いので全く問題ないでしょう。ここは⑤サクセスエナジーを行かせて途中から交わして先頭に立つ理想的な競馬が出来そうで勝ち負けになるのではないでしょうか。
フェブラリーS2019~見解③
フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。⑪コパノキッキング 藤田菜 : ここまで9戦して500万で2着と1600万で4着以外は全て優勝。当初は逃げていたが4走前に出遅れたのをきっかけに脚質転換し差せるようになりました。そこから4連勝で重賞も2連勝。前走の根岸Sは1400mでの初勝利で初の東京コースも寧ろ向いていた印象。今回はさらに1ハロン伸びるが差しに転換したことで距離に融通が効くようになった感じなので何とかなると思います。良い切れ味を持っているし連勝の勢いもある。鞍上が落ち着いて臨めればG1制覇も見えてくるのでは。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら