朝日杯フューチュリティステークス2019~最終見解

競馬予想

朝日杯フューチュリティステークスの結論です。

◎⑧タイセイビジョン 折り合い鍵もコース適正高そう。ある程度の位置を取れれば勝ち負け。

〇②ビアンフェ 距離延長問題だが調教良く。スピード能力で押し切りまで。

▲⑥サリオス 不安材料多いが素質はかなり高そうで。

☆⑨グランレイ 未勝利明けだが好センス。いきなり通用するかも。

△⑦⑯

✕③④⑩⑫⑭⑮

印はここまでですね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

馬券は・・・

3連単2頭軸マルチ②⑧→③④⑥⑦⑨⑩⑫⑭⑮⑯の60点

当たるかな??

「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

 

朝日杯フューチュリティステークス2019~見解①
朝日杯フューチュリティステークスの出走馬を見ていきましょう。 ウイングレイテスト 松岡 : デビューから2走はともに重馬場でしたが2着1着と好走。休み明けの前走は+12kgと仕上がり途上でしたが後方から良く伸びてレッドベルジュールから0.2差の2着。レッドベルジュールと同じような位置から伸びて来ましたが先に最内に入られたので進路を変えた分遅れた感じでそこまで差はなさそう。鞍上がかなり将来性に期待している馬のようでここを本気で取りに来ているのかは分かりませんが現状でも好走出来るかもしれません。
朝日杯フューチュリティステークス2019~見解②
朝日杯フューチュリティステークスの出走馬を見ていきましょう。第2弾 サリオス ムーア : デビュー戦はスローペースを中団から直線良く伸び差し切り。時計は遅かったですが勝ちっぷりは良かったですね。前走のサウジアラビアRCは初戦より速めの流れで好位からの競馬。直線で先に抜け出したクラヴァシュドールに併せて行き叩き合いから抜け出し2連勝。一気に時計を詰めてダノンプレミアムのレコードを更新しました。2戦ともなかなか強い勝ち方でしたね。ある程度の位置を取って速い上りを使えるのは良いでしょう。クラヴァシュドールが先週の阪神JFで3着だったのでこの馬にも期待出来そうです。これまで東京で少頭数、スローからの上がり勝負の競馬しか経験していませんし今回多頭数で速めの流れになったときに戸惑わないかの懸念はありますがどうでしょうか。
朝日杯フューチュリティステークス2019~見解③
朝日杯フューチュリティステークスの出走馬を見ていきましょう。第3弾 トリプルエース ビュイック : 1200mのデビュー戦を勝ち小倉2歳Sで2着。前走のデイリー杯2歳Sは初のマイル戦でしたが中団から直線良く伸びてレッドベルジュールから0.4差の4着でした。距離延長も問題なかったですしある程度の位置につけて終いもしっかりしているのでここでもそれなりに好走出来るかもしれませんね。
朝日杯フューチュリティステークス2019~見解④
朝日杯フューチュリティステークスの出走馬を見ていきましょう。第4弾 マイネルグリット 国分優 : デビューから3連勝で小倉2歳Sを制覇。前走の京王杯2歳Sではスタートしてスッと前へつけるも両側から競られてエキサイトしてしまい鞍上が必死で抑えるが掛かりっぱなし。直線へ向いて脚が無くなり1.7差大敗。力を出していないので度外視しても良いのかもしれませんがG1ではスピード能力が足りない感じで道悪待ちといったところでしょうか。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら