阪神牝馬S2019~見解①

競馬予想

阪神牝馬Sの出走馬を見ていきましょう。

アマルフィコースト 坂井 : 昨年のフィリーズRはスタート後すぐに躓いて落馬。続く桜花賞も直前で取り消しと順調に行きませんでした。その後1600万で3着2着2着2着8着と勝ち切れませんでしたが前走の京都牝馬Sでは2番手から最後までしっかり粘り重賞でも3着。阪神も1600mも問題ないのでこの相手でも好走出来そうです。今のところ日曜の大阪ハンブルクCとの両にらみのようですね。

カンタービレ Mデムーロ : 昨年は距離の長いオークス以外は堅実に上位に来ていました。ローズSを早めの競馬で完勝し秋華賞では中団後ろから追い込み3着。エリザベス女王杯は好位で進めましたが伸びがなく6着でした。2200mでも長い感じですね。1800mベストでしょうがマイルも問題ないでしょう。戦ってきた相手が違いますしここなら上位争いになるでしょう。あとは久々がどうかだけですね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

クロコスミア 岩田康 : エリザベス女王杯で2年連続人気薄で2着と穴を開けていますね。前走の中山牝馬Sは中団から直線で馬群を割って伸びて来ましたが0.1差の6着でした。今回は久々のマイル戦ですが牝馬限定戦ならそれなりにやれるので注意はしておきたいですね。

サトノワルキューレ 浜中 : デビュー当初は期待されていた馬でフローラSを鮮やかに差し切ったことでオークスでは3番人気に推されましたが完敗の6着。その後もローズSで6着、金鯱賞は11着と冴えませんね。今回は初のマイル戦ですが2000mでも追走に苦労している印象なので1600mでは厳しいでしょう。

サラキア 池添 : 昨年はローズSで2着、秋華賞で4着とそれなりに頑張りました。前走の京都金杯は中団前からレースを進め直線では狭い所へ突っ込み伸びて来ましたが外伸び馬場を内に進路を取ってしまったので外の馬に伸び負けて0.4差の7着に終わりました。マイルも阪神も問題なくこの相手ならそれなりにやれるのではないでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら