ジャパンカップ2019~見解③

競馬予想

ジャパンカップの出走馬を見ていきましょう。第3弾

ダンビュライト 松若 : 2走前の大阪杯は外枠で終始外々を廻らされる厳しい展開になりながら勝ったアルアインから0.6差の9着と最後まで頑張りました。そこから半年間の休養を挟み前走の京都大賞典では初めて逃げの手に出て最後まで良く粘り2着と好走。今回も逃げるかわかりませんが自分のペースで行ければ番手でも問題ないでしょうし道悪は良さそうなので一発の可能性もあるかもしれません。

マカヒキ 武豊 : 3年前の凱旋門賞挑戦で馬が終わってしまいましたね。帰国後G2で馬券絡みはあるものの勝てませんしG1では掲示板がやっと。3歳のころの強さが嘘のようですね。ジャパンカップは2年前に1度出走しシュヴァルグランから0.9差の4着でした。今年は大阪杯で4着がありますがここ2戦はともに完敗でさすがにもうG1では厳しそうなので余程の道悪に出もならない限りは出番はないでしょうね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ムイトオブリガード ルメール : 3走前の大阪杯でG1初出走。勝ったアルアインから0.6差の8着でした。前走のアルゼンチン共和国杯では好位につけ最後までしっかり伸びて2着のタイセイトレイルに0.2差つけ優勝。重賞初勝利を飾りました。関西馬ですが東京は4-1-0-1と得意ですし好位につけられればここでも通用するかもしれません。ただ跳びが大きく道悪は合わなそうで天気が心配ですね。

ユーキャンスマイル 岩田康 : 今年は春の天皇賞で5着、秋の天皇賞で4着とマズマズ。昨年の菊花賞3着以降強い相手にも引けを取っていないですね。最近は殆ど上がり最速の脚を使えていますので崩れることはありませんね。ここでも十分通用すると思いますがあまりに道悪になると切れ味を削がれてしまいそうですね。初めての道悪に対応出来るかどうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

ジャパンカップ2019~見解①
ジャパンカップの出走馬を見ていきましょう。 ウインテンダネス 田辺 : 昨年のこのレースはかなり離された8着。左回りは比較的マシな成績ですがさすがにここで馬券になる程の力はないでしょう。 エタリオウ 横山典 : 最強の1勝馬と言われていましたが最近は不甲斐ないレースが続いていますね。このコースは青葉賞2着とダービー4着でソコソコ走れていますが近走の調子と超高速馬場を考えると厳しそう。速い上りは使えますが何しろ後方からの競馬になってしまいますから届きませんね。
ジャパンカップ2019~見解②
ジャパンカップの出走馬を見ていきましょう。第2弾 ジナンボー ムーア : ディープ×アパパネという良血馬ですがこれまでの成績はパッとしないですね。前走の新潟記念は初の重賞挑戦でユーキャンスマイルの2着と好走。しかし軽ハンデでしたし道中ロスなく回ってこれたのも良かったのでしょう。さすがにいきなりG1では荷が重い感じがしますね。鞍上ムーア騎手とはいえ厳しいでしょう。
ジャパンカップ2019~見解④
ジャパンカップの出走馬を見ていきましょう。第4弾 ルックトゥワイス デットーリ : 2走前の目黒記念は最後方から大外を廻して直線ぐんぐん伸びて完勝。重賞初勝利を飾りました。前走のアルゼンチン共和国杯は休み明けで仕上がっていませんでしたが直線良く伸びて勝ったムイトオブリガードから0.3差の4着まで追い上げました。叩いて良化しているのは明らかで鞍上にデットーリを迎えて勝負気配濃厚。ただ6歳以上の馬の成績が極端に悪いレースですしG1初出走でいきなりやれるかの心配もあります。道悪も得意ではなさそうに感じますね。騎手の力でどこまで。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら