阪神ジュベナイルフィリーズ2021~見解②

競馬予想

阪神ジュベナイルフィリーズの出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑩サークルオブライフ Mデムーロ : デビュー戦でイクイノックスから離された3着。2戦目は後方からかなり長く良い脚を使い楽勝。前走のアルテミスSでは中団につけ直線でぐんぐん伸びて差し切り勝ち。重賞初制覇を決めました。終いの脚は上位のものがありますしパワーもありそうなので阪神外回りは合うでしょう。大味な競馬になっていますが能力はかなり高そうでここでも楽しみ。

⑪ラブリイユアアイズ 団野大 : デビュー戦は1200m戦で速い流れを2番手から抜け出す完勝。1500mに伸ばした2戦目は遅い流れの2番手から早目に先頭に立ち最後までしっかり伸びて2連勝。前走の京王杯2歳Sでは出遅れるも直ぐに巻き返し中団前目。直線でなかなか反応しませんでしたが最後は良い伸びを見せ3着でした。牡馬相手の重賞で3着なら上々でしょう。ややエンジンの掛かりが遅い感じはありますが伸び始めるとしっかり脚を使えますし前に行くスピードもある。一発あるかも。

⑫アネゴハダ 幸英明 : デビュー戦はダートで圧勝。2戦目は芝の小倉2歳S。スタートで大きく外によれてしまい後方から。4角でかなり外を廻して直線一気で追い込み3着。前走のファンタジーSでは中団馬群の中に入れますが徐々に位置取りが悪くなり直線入口では最後方。最後は伸びて来ますが5着まで。スムーズならもっとやれるハズ。外回りになるのも良いですし荒れた馬場も合いそうです。初距離ですが折り合いはつくので問題ないでしょう。

⑬ウォーターナビレラ 武豊 : デビューから3戦全勝。前に行けて終いもしっかりしているのでここでも崩れることはなさそう。馬格もそれなりにしっかりしているので今の荒れた阪神の馬場でも苦にしないでしょうし唯一の3勝馬で力上位。切れ味鋭いタイプに差される感じはありますが上位争いにはなりそうです。ただレース巧者なので大箱の阪神外回りになると良さが生きない可能性も。

⑭サク 酒井学 : デビュー戦は好位のインにつけ直線でしぶとく脚を伸ばし初勝利。時計も遅い凡戦で特に強調できる要素がありませんね。厳しいでしょう。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑮ダークペイジ 横山和 : 1200mのデビュー戦は好スタートから好位のインにつけ直線で抜け出し完勝。前走1400mのりんどう賞でも同じような競馬で好位から抜け出し最後は後続に迫られましたがクビ差凌いで2連勝。スプリンターだと思いますが気性は良く折り合いが付くらしいので大丈夫かもしれませんね。

⑯ベルクレスタ 松山弘 : デビュー戦は中団から良い伸びを見せましたが2着。勝ったセリフォスはその後3連勝で重賞2勝する牡馬の実力馬なのでこの馬も相当強そう。2戦目は相手が弱かったが中団から抜け出し突き放す圧勝。前走のアルテミスSではやや掛かり気味に先頭を窺うが引いて3番手。直線に入り楽な感じで先頭に並びかけると残り200m辺りで抜け出しますがゴール前でサークルオブライフに交わされクビ差の2着。早目の競馬で目標になってしまいましたね。僅差ですから展開次第で逆転も可能でしょう。

⑰ナミュール Cデムーロ : デビュー戦は超スローペースを2番手につけ直線で抜け出す楽勝。前走の赤松賞では出遅れて中団後ろから。直線入口では逃げた馬にかなり離されていましたがそこからぐんぐん伸びて差し切る完勝。桁違いの末脚を発揮しました。かなり強い勝ち方で2連勝し重賞未出走ですがG1でも通用しそうな感じがありますね。鞍上も魅力で上位争いになりそうです。

⑱パーソナルハイ 藤岡康 : デビュー戦で5着のあと2戦目は離された2着。3戦目に逃げの手に出ると圧勝でしたが時計も遅く凡戦。前走の赤松賞は逃げの手に出て後続を引き離しそのまま逃げ切るかと思ったところで一気にナミュールに交わされ2着でした。相手が強すぎましたね。今回は大外枠を引きましたし逃げない感じですが力を出し切れるかどうかですね。

以上、出走馬を見ていきました。

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら