金鯱賞2019~見解③

競馬予想

金鯱賞の出走馬を見ていきましょう。第3弾

ムイトオブリガード 横山典 : 昨年は自己条件を連勝しG2のアルゼンチン共和国杯で2着と力を付けました。前走の日経新春杯は後方で脚を溜め直線伸びて来ましたが前の馬を捌くのに2度ほど進路を切り替えたこともあり0.4差の6着まで。まぁそれがなくても馬券圏外でしたね。年明けの京都は時計が掛かっていたのでこの馬には合わなかったのかもしれません。今回は開幕週で時計が速くなればこの馬にもチャンスが回ってくるかも。

メートルダール 福永 : 昨年のこのレースは後方からレースを進めましたが直線でも伸びなく1.3差の8着。前走のAJCCは後方からでしたが早めに動き中団まで押し上げスパートも早く最後までしっかり伸びましたね。0.1差の3着といつもと違う積極的なレース運びで結果を出しました。これは鞍上のマーフィー騎手の好騎乗でしたね。今回は福永騎手に戻りいつものような消極的なレースが目に浮かびます。相手も強いですし推す気になれませんね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

モズカッチャン 和田: 3歳時はオークス2着、秋華賞3着、エリザベス女王杯1着と上位の力を示しました。古馬になった昨年もドバイ帰りの札幌記念で牡馬相手にタイム差無しの3着。続くエリザベス女王杯でも3着と力を見せましたね。その後の有馬記念は距離が長かったか0.8差の8着でした。今回は2000mで距離はOKですし斤量も54kgは有利に映ります。ただ叩き良化型にも見えるので力を発揮できるか気になる所ですね。

リスグラシュー Aシュタルケ : 未勝利戦後は全て重賞ばかりを使われていますがほとんど上位争いに加わってくれますね。ただこれまでG1では2着4回と勝ち切れませんでしたが昨年のエリザベス女王杯でようやく初G1制覇を飾りました。その後は香港ヴァーズに出走しまたも2着でしたがさすがに相手が強かったし距離も長かったですね。海外帰りですが休み明けでも走れるタイプですしG1以外では馬券圏内を外したことがないので今回も上位争いに加わって来そうです。

以上、出走馬を見ていきました。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら