きさらぎ賞2019~見解②

競馬予想

きさらぎ賞の出走馬を見ていきましょう。第2弾

サンアップルトン 黛 : デビュー戦はスタートでやや遅れ気味になり中団から。直線で外に出すとしっかり伸びて4着。2戦目は前へ行き2番手。直線抜け出すと0.2差で完勝。反応良く末脚もしっかり。小回り向きかもしれないが能力はありそう。

タガノディアマンテ ○○ : デビュー戦は好位から伸び負けの4着。2戦目は中団から内を突いて伸び完勝。前走は好位からなだれ込んで3着。ブラヴァスとはクビ差でした。そのブラヴァスが次走で完敗だったので評価は微妙ですね。前につけてそこそこの上りを使えるので大崩れはなさそうなタイプですが今の京都の馬場傾向には合わない感じではあります。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ダノンチェイサー 川田 : セレクトセールで2億7千万円の高額馬。デビュー戦は重馬場の影響もあったか好位から伸びずに4着。2戦目は少頭数の好位から伸び完勝。3戦目は好位から伸び負けて2着。前走は中団でじっくり脚を溜め伸びてきて1着でしたがまだ伸びが足りない感じ。ローカルばかり使われて値段程の期待馬ではないのかもしれませんね。弱い相手に微妙な成績ですし、あまり人気になるようだと買いにくい1頭です。

ハギノアップロード 福永 : デビュー戦は3着ながら次走でオープンに挑戦し3着。3戦目から未勝利戦にまわり3着→2着→4着を経て6戦目で初勝利。7戦目の前走は福寿草特別。6頭立てでスローの中団から。直線伸び負けの形で2着でした。7戦して1度4着があるだけで他は馬券内。相手なりで堅実なタイプのようですね。一応の押さえは必要かもしれません。*ゆりかもめ賞にまわるようです。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら