NHKマイルカップ2020~見解③

競馬予想

NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第3弾

サクセッション 横山典 : デビューから2連勝。続くデイリー杯では好位から3角で上がって行き4角で先頭に立ちましたが直線で失速し6着。ジュニアカップではハーモニーマゼランに0.4差つけ3勝目。前走のスプリングSでは後方から3~4角を大外を廻って上がって行きかなりの距離ロスがありながら直線で最後までしっかり伸びて3着まで追い込みました。これで皐月賞の権利は取りましたがパスしてここへ。良い脚を長く使えかなりしぶとく伸びてくれるので東京のマイルに替わるのは良さそうですね。力は足りると思うのでここでもチャンスはありそうです。

ラインベック 津村明 : アパパネの仔という超良血。デビューから2連勝し続く東スポ杯ではコントレイルとアルジャンナからは5+4馬身差とかなり離されましたが3着は確保。ホープフルステークスでは2番手につけ4角で前を追いましたが後続にあっさり交わされ直線でも下がって来た逃げ馬を捌くのにやや手間取り勝ち馬から0.8差の4着でした。続く若駒Sでは少頭数6頭立ての3番手でレースを進めましたがそのまま3番手でゴール。前走の皐月賞は好位につけましたが4角で後続に一気に来られ馬群に飲み込まれて直線でも伸びず15着に終わりました。血統の割に物足りない結果続きですが東京のマイルに替わるのは良さそうですから見限るのは早計かもしれません。皐月賞で差のない競馬をした馬が土曜日の東西メインを勝ちダービーの出走権を獲得出来たのでこの馬もこの流れで好走出来ませんか。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ハーモニーマゼラン 大野拓 : デビュー戦で7着の後3着3着1着と4戦目で勝ち上がり。ダート戦を使い6着の後休養を挟み今年初戦のジュニアカップでは好位から進めサクセッションから0.4差の2着。クロッカスSはラウダシオンから0.3差の2着。1勝クラスを勝って2勝目を挙げると前走のNZTでは好位の外につけ直線で一旦先頭に立ちましたが残り200mを過ぎてから後続に交わされルフトシュトロームから0.6差の6着に終わりました。ペースが速めで前に行った馬には厳しくなりましたね。今回出走してくるメンバーに負け続けていますしここでは力不足かもしれません。

ボンオムトゥック 田中勝 : デビューから2着3着1着と3戦目で勝ち上がり。休養を挟み2走前の君子蘭賞は2番手からレースを進め直線で抜け出すと最後は後続を突き放して完勝。前走のアーリントンカップはやや出遅れて中団から。直線でしぶとく伸びて勝ったタイセイビジョンから0.4差の4着でした。出遅れずに前目につけていればもっと際どかったでしょうし勝ち馬とは通った所の差も大きかったですから人気程の差はなさそうです。好位からバテずにしぶとく伸びて来れるタイプなのでこの相手でも崩れずに走れるのではないでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

NHKマイルカップ2020~見解①
NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。 レシステンシア ルメール : デビュー3連勝で阪神JFを制覇。ハイペースで引っ張りそのまま後続に何もさせない圧勝でした。休み明けのチューリップ賞では一転スローの逃げを試し切れ負けの形で3着。前走の桜花賞は武豊騎手に乗り替わり。外枠・雨馬場と厳しい条件でしたが道中2番手から直線で抜け出し完全に勝ちパターンに持ち込みましたが1頭桁違いの末脚で追い込んできた馬にやられて2着まで。2連敗を喫しましたがこの馬自身の強さには変わりなく良馬場で本領発揮と行きたいですね。今回は初めての東京で左回りと輸送がありますがまともなら上位争い確実でしょう。心配があるとすれば瞬発力を問われる展開になった時だけですが自らレースを作れるタイプなので問題ないでしょう。
NHKマイルカップ2020~見解②
NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第2弾 シャチ 木幡育 : デビューから連敗続きで初勝利まで10戦かかりました。その間馬体を大きく増やし距離も伸ばして内容良化しましたね。続く1勝クラスは中団から抜け出し連勝。勢いに乗り重賞初挑戦のNZTではスタートでよれてしまい隣の馬とぶつかって最後方からになってしまいました。道中はかなり離された最後方を追走。3~4角を内ラチぴったり廻って少し詰め直線は外に出して追い込みましたが数頭交わしただけの11着に終わりました。全く競馬に参加できなかったので度外視してもいいかと思います。スタートにやや不安を残しますが流れに乗れれば終いの脚はそれなりに使えますのでできるだけ前の方で脚を溜めたいですね。コーナリングが上手いので小回り向きだとは思いますが調教の動きは良く一発の魅力はありそう。
NHKマイルカップ2020~見解④
NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第4弾 ニシノストーム 江田照 : デビュー5戦目に勝ち上がり。続く1勝クラスでも中団からしっかり伸びて突き放す強い勝ち方で2連勝。3~4角で大外から上がって行きかなりロスの大きなレースでしたがなかなかの強さを見せてくれました。これまで全て1200m以下のレースしか使っていませんし常識的には買えない馬ですがポリトラックとはいえ調教の動きは軽快ですし鞍上が穴ジョッキーですから押さえたくはなりますね。馬自身も短距離タイプに見えませんしもしかしたらの魅力はあります。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら