NHKマイルカップ2021~見解①

競馬予想

NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第1弾

①レイモンドバローズ 浜中俊 : 4戦目で初勝利を上げると続く1勝クラスも勝ち連勝。前走のアーリントンカップは4~5番手につけて直線で前を追いましたが切れ負けの形で3着まで。前目につけてしぶとい脚を使えますが東京のG1で時計の速い決着になると足りない気はします。

②アナザーリリック 津村明 : デビュー勝ちの後、1勝クラスで2着。前走のアネモネSでは後方につけ3~4角で外から上がって行き直線に入るとぐんぐん伸びてゴール前で捕らえて0.1差つけ優勝。これで3戦2勝2着1回と崩れていませんね。持ち時計は遅いですが東京は合いそうなタイプで内枠でロスなく運び脚を溜めれば直線で前に迫れるかもしれません。

③ルークズネスト 幸英明 : 3戦目で初勝利を上げると続くシンザン記念ではやや出遅れ気味で中団後ろ辺りにつける。3~4角で上がって行き直線で外からぐんぐん伸びて前に迫りましたがピクシーナイトから0.2差の2着でした。前走のファルコンステークスでもやや出遅れ気味でしたが直ぐに巻き返してハナへ。そのまま逃げの手に出て速い流れで引っ張り直線に入ると外目に持ち出してグレナディアガーズとの叩き合いに。途中内にもたれて一旦交わされかけましたが盛り返しアタマ差凌ぎ切って優勝。かなりしぶとい所を見せG1馬を負かしました。出遅れ癖は気になりますがどこからでも競馬が出来るのは大きな強み。

④バスラットレオン 藤岡佑 : シンザン記念では2番手につけそのまま直線に入ると抜け出したピクシーナイトを追いましたが突き放され後続にも交わされ3着に終わりました。続く1勝クラスでは新人の古川奈穂騎手を乗せて逃げ切り圧勝。前走のNZTでも逃げて直線で突き放し5馬身差の圧勝。新馬勝ちも含めて逃げるとかなり強く負けなしですね。逃げなくてもレースは出来るタイプでしょうが内枠を引いたので強引に競りかけられない限りは無理に抑えることはしないでしょう。

⑤リッケンバッカー 横山武 : デビュー6戦目に初勝利。前走のアーリントンカップでは中団前目につけ直線に入ると馬群の中で窮屈になる場面もありましたが何とか外に出すと良い伸びを見せ0.2差の2着でした。未勝利勝ち直後の重賞挑戦でしたがなかなか強い競馬でした。上位の鞍上が乗り続けていたので期待値の大きな馬ということでしょう。ここでも通用する可能性はあるかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑥シティレインボー 三浦皇 : 前走のNZTではやや掛かり気味になりながら2~3番手で流れに乗り直線に入って前を追いましたが逆に突き放されて1.1差の3着でした。この馬としては人気薄で好走出来ましたが勝ち馬とは力の差が大きそうです。さすがにこの内容では厳しいでしょう。

⑦タイムトゥヘヴン デムーロ : 3戦目で初勝利を上げると続く京成杯では好スタートから逃げの手に出て遅い流れで引っ張り直線に入るとすぐに内から交わされ最後まで粘りましたが離された2着でした。弥生賞で6着の後、前走のNZTでは出遅れて後方から。3~4角で外から上がって行き直線に入るとぐんぐん伸びて前に迫りましたが差が詰まらず0.9差の2着でした。勝ち馬には離されましたが出遅れが響きましたしいつもの前につける競馬ならもっとやれると思います。

⑧グレナディアガーズ 川田将 : デビュー3戦目を強い内容で初勝利。そこからいきなりのG1挑戦で朝日杯に出走。レースでは離れた3番手でレースを進め直線に入り前を追いかけ残り200m辺りで捕まえるとそのまま押し切って優勝。展開が向いたとはいえ2歳レコードで強い勝ち方でしたね。前走のファルコンステークスではスタートを決め前に行き2番手につける。3角辺りで逃げたルークズネストに並びかけ最後まで2頭で横並びの状態でしたが最後まで抜け出せずアタマ差の2着。こちらは休み明けでしたから叩き台としては十分力を見せていますね。本番で時計の速い決着になるようならやはりこの馬が強そうです。

⑨ゴールドチャリス 田中勝 : 前走のNZTでは好スタートを切るも後方から。4角で外に出し直線良い伸びを見せるも前との差が大きく1.4差の6着に終わりました。初のマイル戦にしては頑張りましたがさすがにG1では通用しないでしょう。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら