秋華賞2021~見解①

競馬予想

秋華賞の出走馬を見ていきましょう。第1弾

①スルーセブンシーズ 大野拓 : デビュー戦は行き脚が付かず後方からになるも直線で良く伸びて完勝。続く1勝クラスではスタートで出遅れ後方からになり直線良く伸びましたが3着まで。ミモザ賞はまたも出遅れてましたが直線に入るとぐんぐん伸びて0.4差つける完勝。3戦とも中山の2000mで同じような競馬をしていますがなかなか素質のありそうな感じ。オークスでは中団につけ直線で内からじわじわ伸びますが0.7差の9着でした。距離が長かったかも知れませんね。前走の紫苑ステークスでは中団につけ直線で前が壁になり追い出しを待たされ外に切り替えて伸び0.3差の2着。スムーズならもう少し際どかったですね。5戦中4戦が中山で2-1-1-0。似たようなコースの阪神2000mは合うでしょうから輸送が上手くいけばチャンスはありそうです。

②ステラリア 武豊 : デビュー3戦目で初勝利。ベゴニア賞で2着の後、クイーンCに出走。レースではやや出遅れ気味で後方から。直線に入り大外から良い脚で伸びて来ましたが勝ったアカイトリノムスメから0.3差の6着まで。忘れな草賞では中団につけ3~4角で上がって行き直線に入ると良く伸びて0.2差つけ優勝。もともと期待されていた馬が距離を伸ばして良さが出ましたね。オークスでも穴人気していましたが大外枠と言うことも合って前に行き2番手からの競馬になり直線で失速。13着と大敗してしまいました。今回は内枠を引きましたし本来の終いを生かす競馬が出来れば巻き返すかもしれません。

③クールキャット 和田竜 : デビュー戦ではソングラインに2馬身差をつける完勝。しかしそこから重賞で3連敗。ただそれぞれ見せ場は有ったので力はありそう。続くフローラSでは好位の外につけ直線に入り追い出すとしぶとく伸びて抜け出しスライリーとユーバーレーベンを下し優勝。2勝目を重賞で決めました。オークスでは積極的に行く馬がいなくて押し出されるようにハナへ。そこそこ速めのペースになってしまい直線で失速。14着と大敗してしまいました。前走のローズステークスでは一転して後方から。4角でかなり外に持ち出し直線で追いましたが伸びずに11着に終わりました。+14kgと重め残りもあったでしょうか。乗り難しい所があるようで嵌れば強さを見せる時もありますが絞れていれば一考も。

④ソダシ 吉田隼 : デビューから4連勝で阪神JFをそして5連勝で桜花賞を制覇。ペースにかかわらずいつも好位から良い脚を長く使ってしぶとく伸びて勝ち切ってくれますね。桜花賞では好スタートを決め前へ行き淀みない流れの中好位でしっかり折り合い直線入口で直ぐに進路を確保し追いだすと前を捕らえそのまま最後までしぶとく脚を使い優勝。馬場コンディションもありますがレコードを大幅に更新する1.31.1。戦前は速い時計では分が悪いという評価もありましたが全く問題ありませんでしたね。オークスでは3番手辺りにつけますが競られたり囲まれたりと苦しい位置取り。ペースも速めで展開も厳しく直線で一旦先頭に並びかけるまで行きましたが力尽き8着に敗れて初黒星。これでますます距離不安説が流れましたが前走の札幌記念では古馬のG1馬達を相手に早めに先頭に立ち最後まで押し切る強い競馬で優勝。2000mでも問題ないことを証明しました。陣営が驚くほどの成長を見せているようで同年代の牝馬相手ならまず勝ち負けになるでしょう。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑤エイシンヒテン 松若風 : デビュー4戦目に逃げの手に出て初勝利。続く白菊賞も勝って2連勝。阪神JFでは逃げずに11着と完敗。クイーンCでは逃げてアカイトリノムスメから0.2差の4着。フィリーズRでは出遅れて11着。忘れな草賞は逃げてステラリアと0.2差の2着。藻岩山特別では逃げましたが早めに交わされ4着。前走のローズステークスではスローペースで逃げて最後まで良く粘りアンドヴァラナウトから0.2差の2着でした。逃げの手に出るとかなり粘り強く阪神内回りの舞台は合いそう。今回も逃げるのはほぼ確実でしょうから展開次第ではチャンスもありそうですがソダシが早目に動いてくるようだと苦しくなりそうではあります。

⑥スライリー 石川裕 : デビュー戦を勝ち4戦目の菜の花賞で2勝目。クイーンCでは後方で何も出来ず10着。フローラSではスタートを決め前に行き3番手の外につける。直線に入り一旦先頭に立ちましたがクールキャットに交わされ1馬身差の2着でした。そこからオークス12着、紫苑ステークス15着と完敗続き。さすがにここでは厳しそうです。

⑦サルファーコスモス 川田将 : デビュー戦で3着のあと2戦目で初勝利。エルフィンSも勝ち2連勝。その後骨折が判明し休養。休養明けの前走は3勝クラスの納屋橋Sに出走。古馬牡馬相手に2着といきなり通用して見せました。今回G1で更に相手が強くなりますが競馬が上手なタイプですし母のミクロコスモスも秋華賞で5着と好走しているので案外何とかなるかもしれません。

⑧エンスージアズム 岩田望 : デビュー2戦目で初勝利。続く白菊賞では最後方から直線で良い伸びを見せましたが5着まで。次の1勝クラスを勝ちましたが5頭立てでした。フラワーカップでは先行集団の後ろにつけ3~4角で外から上がって行き直線でも外から伸びて来ましたが勝ったホウオウイクセルから0.2差の2着でした。そこから桜花賞で8着、オークス18着、ローズステークスで7着と好走出来ていません。さすがに厳しそうです。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら