天皇賞・秋2019~見解④

競馬予想

天皇賞・秋の出走馬を見ていきましょう。第4弾

⑬ランフォザローゼス デムーロ : 京成杯、青葉賞で連続2着しダービーでも0.6差の7着とそれほど負けていません。しかし休養明けの2走は2ケタ着順と大敗。前走の毎日王冠も5着とイマイチで成長が窺えませんね。ここでは厳しいでしょう。

⑭ワグネリアン 福永 : 昨年のダービー馬ですが蹄が悪くなかなか順調に使えず神戸新聞杯を勝っただけでその年は終了。今年は大阪杯で始動し0.1差の3着と善戦。そこからまた休養し前走の札幌記念で復帰し0.2差の4着と休み明けの割には頑張りましたね。ここは相手が強いと思いますが左回りは得意ですし2000mも問題ないでしょう。この馬にもチャンスはあったと思いますが外枠を引いたのは痛かったですね。馬場も回復が早く速い時計の決着になりそうでこの馬には時計の掛かる馬場の方が良かったのではないでしょうか。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑮ウインブライト 松岡 : 今年に入り3連勝で香港のQE2カップを勝ちG1初制覇と好調。前走のオールカマーは好位から失速し9着と走れませんでした。まだ仕上がり途上だったようですね。香港で勝ったとはいえこの馬は基本的に冬場の中山しか走らないと思っているので金杯辺りで狙ってみたいです。

⑯アルアイン 北村友 : 今年は大阪杯を勝ち宝塚記念でも4着と好調。中距離ならG1でも崩れることはないですね。速い時計にも対応出来ますし東京も問題なし。昨年のこのレースも4着と惜しかったですね。瞬発力勝負にさえならなければ今年も上位争いになりそうですが大外枠はかなりマイナス。

以上、出走馬を見ていきました。

「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】

 

天皇賞・秋2019~見解①
天皇賞・秋の出走馬を見ていきましょう。 ①カデナ 藤岡佑 : 2年前のこのレースは16着と大敗。その後も惨敗続きでしたがここ4戦は馬券に絡んで復調気配はありますね。弥生賞勝ち以降勝ち鞍はありませんがそろそろ一発ありそうですね。とはいえそれはここではないでしょう。切れ味はあるので差しの決まる展開になればソコソコやれると思いますが持ち時計もありませんし後方からの競馬で通用するほど軽い相手でもないですからね。ここは厳しいでしょう。
天皇賞・秋2019~見解②
天皇賞・秋の出走馬を見ていきましょう。第2弾 アエロリット 戸崎 : 2走前の安田記念では2年連続となる2着。有力馬が後方で不利を受けてラッキーだった部分もありますがこの馬自身は自分の競馬に徹し速いペースで逃げ最後までしっかり脚を使いました。前走の毎日王冠では1800mということもあったか遅めのペースで逃げ2着でしたが勝ち馬には離されてしまう完敗。スピードを生かした速い逃げの方が良いのかもしれませんね。東京は得意ですが2000mは1ハロン長い印象。金曜日に大雨が降るようですが早めに回復して時計の速いパンパンの良馬場になればチャンスも出てくるかもしれません。
天皇賞・秋2019~見解③
天皇賞・秋の出走馬を見ていきましょう。第3弾 ⑨ダノンプレミアム 川田 : デビューから4連勝しダービーを1番人気で迎えましたが6着と初めての敗戦が馬券圏外。3歳時はそれ以降態勢が整わず出走なし。今年に入り復帰戦の金鯱賞を完勝し古馬相手に実力を見せつけました。続くマイラーズCも完勝し安田記念へ向かいましたがスタートでやや出遅れた所で前をカットされ後方まで下がってしまいそれで気持ちがキレたのか進んで行かずに最下位でゴール。入線後鞍上が下馬するほど心配されましたが怪我などはなく安心しましたね。夏場は休んでぶっつけでここへ。陣営がマイル路線へ行きたいのか中距離へ行きたいのかハッキリしませんが2000mなら力を出せるでしょう。まともに走れればこの相手でも勝ち負けに持ち込める力はあると思いますが前走の精神的ショックが少し心配。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら