東京新聞杯2019~見解①

競馬予想

東京新聞杯の出走馬を見ていきましょう。

インディチャンプ 福永 : 昨年は毎日杯3着アーリントンカップ4着。どちらも乗り方次第では勝つチャンスはあったと思います。毎日杯は好位にいたのにわざわざ下げて最後方からになり直線差し届かず3着。アーリントンカップは抜け出すのが早すぎて差されて4着。福永Jに乗り替わって3戦は安全運転に徹し早めに外へ出し最速の末脚で2着→1着→1着と結果を出しました。馬の力はここでも通用しそうですがこの相手に安全運転では勝ち切れないかも。乗り方次第。

グァンチャーレ ○○ : 前走の京都金杯は好位から最内を突いて伸びて来ましたが外の馬に交わされ6着。外差し馬場だったことを思えば惜しい競馬でした。外に出せていればもう少し上位に来れたでしょうね。2走前は好時計でタワーオブロンドンに勝っていますし力はあります。地味なタイプで人気になりにくいですが注意は必要でしょう。ただ回避の可能性が高いようです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ゴールドサーベラス 大野 : 昨年は自己条件を連勝しオープン入り。その後重賞を中心に使われましたが結果を出せませんでした。もう7歳で上がり目は望めず見送りが妥当。

サトノアレス 柴山 : 2歳時には朝日杯を勝ったG1馬で昨年のこのレースは2着。休養を挟んで京王杯3着。安田記念では出遅れが響き4着でした。そこから半年の休養を挟んだ前走は出遅れて後方から。直線では完全に脚が止まってしまいました。馬が走るのを止めてしまったようですね。こういうことが一度あると以後走らなくなることが多いですが大丈夫でしょうか。まともに走れば実績上位ですし東京も得意で勝ち負けにはなるハズだが。

ショウナンアンセム Fミナリク : 前走は好位から進み残り100mあたりまでは頑張っていましたが失速、10着に終わりました。近走はイマイチだが東京は得意だしこの相手なら楽逃げに持ち込めそうで注意は必要かも。

ジャンダルム 武豊 : スプリンターズSと高松宮記念を勝ったビリーヴの子。2歳時はデイリー杯を勝ちホープフルSで2着。3歳になり弥生賞で3着まではよかったが以降は完敗続き。短い所の方が良さそうだがスピードも足りない感じ。ここは見送り。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら