凱旋門賞2019~見解③

競馬予想

凱旋門賞の出走馬を見ていきましょう。

⑦ナガノゴールド 後方からそれなりの脚を使えるがここに入るとさすがに見劣る。

⑧エネイブル 3連覇なるか注目度大。過去3連覇を達成した馬はいないし5歳馬は勝てないデータはあるがそもそも挑戦した馬が殆どいないので無視していいデータでしょう。欧州では日本のように一流馬が5~6歳まで走る文化がないようですね。昨年は怪我の影響で調整が難しく体調も万全ではなかったと思いますが今年は順調に使われ特に心配事はないので安心して見ていられますね。道悪も少頭数も良いですしクリスタルオーシャンの引退も大きなプラス。何かトラブルでもない限り3連覇濃厚なのではないでしょうか。少なくとも連対は外さないでしょうね。

⑨マジカル 昨年のここはマイル戦から一気の距離延長で初めての2400mでもあり10着と敗れてしまいましたが混戦でエネイブルから5馬身程と着順ほど負けていません。その後力を付けてG1も勝ち今年は好調で近走ではクリスタルオーシャンとエネイブル以外には負けていません。特に3走前のエクリプスSではエネイブルを3/4差まで追い詰め2走前のヨークシャーオークスは2馬身3/4程離されましたが体調が万全ではなかった様子。道悪も問題ないですし今回万全の状態ならいい勝負が出来るかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑩ジャパン 名前で人気しそうですが実力もかなり。今年の英ダービーでは3着に終わりましたがその後は3連勝。特に前走はクリスタルオーシャンを接戦から最後はアタマ差交わして勝ってしまいました。クリスタルオーシャンはその後故障で引退してしまったので体調が万全だったのかはわかりませんがこの馬が強かったのは間違いないでしょう。3歳馬で斤量は軽いですしエネイブルとは未対戦なので勝てるチャンスがあるかもしれませんね。

⑪ソフトライト 追加登録料を払って急遽参戦。おかげで武豊騎手が参戦出来ました。それだけでも十分ありがたい事だと思っていましたが道悪になるなら浮上してきそう。これまでG1未勝利どころかデビュー戦を勝った1勝のみという完全に格下。しかしG2で2着2回とソコソコやれているしジャパンと4馬身差くらいならチャンスはある。出遅れ癖があり後方からになる可能性大ですが末脚は確実で道悪は得意だしオープンストレッチを使って伸びて来れば面白いかも。

⑫ソットサス 3連勝でここへ。切れ味鋭い末脚があり道悪も得意。さらには1番枠を引きオープンストレッチの恩恵を一番受けそうですね。前走のニエル賞で距離不安を払拭しましたし直線前が壁になり追い出しが遅れたのに抜け出す脚が速く完勝。かなり強い馬ですね。3歳馬で斤量が軽いのも有利ですし上位争いに持ち込めそうです。

 

凱旋門賞2019~見解①
いよいよ凱旋門賞が近づいてきましたね。個人的には1年で1番楽しみにしているレースでかなりワクワクしております!! 今年の凱旋門賞のポイントは5つ 1.エネイブルの3連覇なるか⁈ 2.12頭立ての少頭数!! 3.当日の馬場は道悪⁇ 4.オープンストレッチ使用か⁈ 5.3歳牝馬の出走なし!! まず1番のエネイブル3連覇ですが過去には3連覇した馬はいません。5歳牝馬も長らく馬券に絡んでいませんね。ただ今年は少頭数で紛れは少なそうですしライバルだったクリスタルオーシャンが引退したことで相手関係がかなり楽になった印象です。他の陣営も弱気な感じで連覇されても仕方なしといったところでしょうか。
凱旋門賞2019~見解②
凱旋門賞の出走馬を見ていきましょう。 ①フレンチキング 3歳時はパッとしなかったが今年に入り2400mばかり4連勝。良馬場なら少し劣る感じでしたが重馬場になれば多少は前進かも。3着あたりならあるかも。 ②ヴァルトガイスト 昨年は4連勝から凱旋門賞へ挑戦し2番人気で4着。エネイブルとは2馬身程の差でした。今年は昨年ほどの勢いはないが実力上位の存在ですしエネイブルには勝てないまでも馬券圏内なら。
凱旋門賞2019~最終見解
凱旋門賞の結論です。 ここはエネイブルを信じて歴史的快挙を見届けたい。相手は斤量の恩恵を受ける牝馬と3歳馬でしょう。 ◎⑧エネイブル 不安材料無く3連覇濃厚。 〇⑨マジカル 実質世界ナンバー2。 ▲⑩ジャパン 斤量の恩恵で逆転狙う。 △⑫ソットサス オープンストレッチを生かせば。 ☆⑪ソフトライト この馬も3歳。 ✕①②③ 印はここまでですね。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら