ヴィクトリアM2019~見解③

競馬予想

ヴィクトリアMの出走馬を見ていきましょう。第3弾

プリモシーン 福永 : 前走のダービー卿CTはスタートでやや出遅れるも直ぐに巻き返して中団から。直線に入ると外から良く伸びて前を捕えに行きましたがクビ差届かず2着まで。かなり強い馬だと思うのですがスタートが悪くいつも出遅れてしまい直線で不利を受けることも多いですね。まともにレースが出来ればNHKマイルカップは勝っていたと思いますし桜花賞と秋華賞は勝てないまでも馬券圏内だったでしょう。左回りは良いですし速い時計もあるので中団くらいにつけられれば勝ち負けに持ち込めるのではないでしょうか。

フロンテアクイーン 三浦 : 前走の中山牝馬Sは中団から3~4角で上がって行き直線も良く伸びて前を捕え最後は詰め寄られましたがハナ差抑えて優勝。堅実な反面なかなか勝ち切れませんでしたが2年ぶりの勝利で重賞初制覇。ここも堅実に走るかもしれませんが切れるタイプでもないですしスピードも足りていないので厳しい戦いになりそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ミエノサクシード 川島 : 前走の阪神牝馬Sは出遅れるもすぐに巻き返して中団前目につける。3~4角で上がって行き直線良く伸びましたが0.1差の3着まで。3走前のターコイズSで出遅れと4角で大きく外を廻った距離損がありながら0.4差。2走前の京都金杯も出遅れながら直線良く伸びて0.2差の3着。出遅れ癖がありますが巻き返してきますね。さすがにG1で出遅れると厳しいですが怖さはあります。

ミッキーチャーム 川田 : 昨年の秋華賞は軽快に逃げ直線粘りに粘ってあわやのシーンを作りましたが最後はアーモンドアイに0.2差交わされ2着。2走前の中山牝馬Sは2番手で運ぶも直線失速して最下位惨敗。輸送でテンションが上がり過ぎたらしいですね。前走の阪神牝馬Sは好位から直線抜け出し優勝。2着のアマルフィコーストとは1/2差でした。落ち着いていればこれ位はやれる馬ですが東京への輸送は心配ですね。それに重馬場の方が良さそうで高速馬場になりそうなここは厳しいのではないでしょうか。

メイショウオワラ 秋山 : 3走前の準オープンを勝ちオープン入りしましたがここ2走の重賞戦を見ると一線級相手では厳しそうですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

ヴィクトリアM2019~見解①
ヴィクトリアMの出走馬を見ていきましょう。アエロリット 横山典 : 3歳時にNHKマイルカップを勝ち、4歳でヴィクトリアM4着、安田記念2着と東京のマイル戦では牡馬相手でも強い所を見せていますね。その後京都のマイルCSでは逃げて12着と惨敗。瞬発力勝負になると分が悪いですね。前走のペガサスWCターフは10頭立てでかなり離された9着に終わりましたが初の海外遠征ですし1900mは長いです。なぜ出走したのか疑問ですが結果は度外視していいでしょう。帰国初戦で仕上がりは問題ですが東京マイルは合うのでそれなりにやれるかもしれませんね。先週日曜は雹の影響か突然の外差し馬場になってしまいましたが今週からBコース替わりなのも有利に働きそうです。雨は降らないで欲しいですね。
ヴィクトリアM2019~見解②
ヴィクトリアMの出走馬を見ていきましょう。サウンドキアラ 田辺 : 前走の六波羅特別は少頭数の7頭立て。中団から3~4角で押し上げて直線も良く伸び楽に抜け出し完勝。強い競馬でしたね。これでここまで11戦して3-3-3-2。2度の着外も4着で崩れていません。しかしやっと準オープン入りの身でいきなりG1で通用するのかどうかですね。とはいえ持ち時計は速いですしディープ産駒でもあるので時計勝負になっても対応出来るかもしれません。
ヴィクトリアM2019~見解④
ヴィクトリアMの出走馬を見ていきましょう。ラッキーライラック 石橋脩 : 阪神JFを含む4連勝で桜花賞に挑みましたが同世代にアーモンドアイが居たため2着まで。その後オークス3着、秋華賞9着と失速。早熟を疑われましたが2走前の中山記念ではG1馬達を抑えて2着と好走。前走の阪神牝馬Sは好スタートから好位につけましたが3角で挟まれ後方に下がってしまい直線では外から上がって来ましたが内にモタれたらしく鞍上がハングオン状態で外に体重を掛けながら追いましたが伸びるわけもなく0.2差の8着に終わりました。この結果は度外視して良いと思います。今回の東京マイルは良さそうなので時計勝負に対応出来れば上位争いする力はあるでしょう。
競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら