ヴィクトリアマイル2020~見解①

競馬予想

ヴィクトリアマイルの出走馬を見ていきましょう。

アーモンドアイ ルメール : 言わずと知れた現役最強馬。ジェンティルドンナやディープインパクトに並ぶG1・7勝目を狙ってここへ。印象的には獲れる所を狙ってきた感じですね。前走の有馬記念では圧倒的1番人気を裏切る9着に完敗。香港遠征を熱発で回避し急遽有馬へ参戦が決まった分の誤算もあったでしょうし中山2500mは条件的に向いていなかったか。その後は昨年に続きドバイ参戦の予定でしたが現地に到着後まさかの中止。またもや誤算でここへ回って来ました。調教の動きは抜群ですが有馬の前も動きは良かったのでよく分かりませんね。とはいえ今回は牝馬限定戦ですし得意の東京ならまず崩れないでしょう。東京マイルは昨年の安田記念で3着に敗れていますがスタートで不利を受け位置取りが悪くなり直線でも周りを囲まれ抜け出すのに時間が掛かってしまいそこから凄い脚で3着まで追い込んだもので負けて強しを印象付けました。衰えだけが心配ですが動きからは問題なさそうです。余程の不利でもなければ順当に首位争いでしょうね。

ノームコア 横山典 : 今年の大阪杯2着クロノジェネシスの姉。昨年のこのレースでは中団から抜け出し圧倒的なレコードで勝利。暮れの香港で4着の後、初距離の高松宮記念に参戦。さすがにスプリント戦のペースには戸惑ったでしょうし重馬場も向いていなかったでしょう。ただ最後は追っていませんしダメージは少ないでしょうか。良馬場のマイル戦なら力を出せるでしょうし昨年だけ走れればアーモンドアイにも勝てる可能性があるかもしれませんね。ただ鞍上はG1で買いたい騎手ではないのが心配です。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ダノンファンタジー 川田将 : 2歳女王ですが3歳時にはG1の前哨戦で勝ち本番で負けるという残念な成績。中内田調教師もオーナーのダノックスも全てのレースを勝ちに行くという考えなので叩き台という発想がないようです。しかし今回の前哨戦である阪神牝馬ステークスでは5着と敗れていますね。6ヵ月ぶりの久々で馬体重+22kgと大幅に増えていました。この陣営にしては珍しく叩き仕上げだったようですね。今回は絞れているようですし元々は殆どのレースで1番人気になってきた馬なので能力的にはここで上位に来れる力はあるハズです。東京もマイルも問題ないですし前に行ける脚があるので内枠でも引ければ面白いかもしれません。

サウンドキアラ 松山弘 : 3歳時はクラシックには無縁の存在でしたが4歳になり格下の身でヴィクトリアマイルに出走。本来前に行ける馬がスピードについて行けなかったのか後方からになり直線だけで追い上げ7着でした。鞍上が初騎乗だったせいもあるかもしれませんね。その後3勝クラスを順当に勝ち上がり昇級戦でも3着と好走。そして今年に入り京都金杯を勝つと京都牝馬S阪神牝馬Sも勝ち3連勝。昨年でもそれなりに力は見せましたが今年はかなり力をつけていますし今の状態なら大仕事をやってのけるかもしれませんね。鞍上も好調ですし落馬から即復帰と運もありますから期待してしまいます。

プリモシーン レーン : 3歳時は力はあるのにとにかくスタートが下手でいつも出遅れ後方からになり直線凄い脚で追い上げるも届かずというレースが多くG1馬になれませんでした。徐々にスタートで普通に出られるようになりましたが終いのキレが悪くなりなかなか勝ち切れないのは変わらず。2走前の東京新聞杯で1年半ぶりの勝利を飾りましたが前走は凡走。もう得意の東京マイル戦しか力を出せないようですね。今回条件はベストですが衰えも気になり今の力でG1で好走出来るのか半信半疑。昨年の2着馬ですしリピーターの活躍が多いレースですから期待はしたいですがどうでしょうか。昨年の優勝騎手が乗ってくれるのはありがたいですが・・・。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら