ヴィクトリアマイル2021~見解①

競馬予想

ヴィクトリアマイルの出走馬を見ていきましょう。第1弾

①マジックキャッスル 戸崎圭 : デビュー戦を勝ちそこから3戦連続2着。桜花賞は後方で脚を溜めましたが道悪をこなせず12着。オークスは距離が長いと思われましたが直線で不利がありながら5着。休み明けの紫苑ステークスでは中団のインにつけ4角あたりで上がって行き直線では狭い所に突っ込み他馬とぶつかりバランスを崩したように見えましたが最後までしっかり伸びて4着。秋華賞ではデアリングタクトに迫る2着と世代上位の力を見せ今年初戦の愛知杯で重賞初制覇。前走の阪神牝馬Sではスタートを決めるも徐々に下げて後方のインにつける。直線に入り外に出したかったですがデゼルに蓋をされて出せず内に切り替えて馬群を縫うように伸びデゼルとクビ差の2着。スムーズなら逆転出来たかもしれませんね。今回は最内枠を引いてしまい窮屈なレースになってしまいそうなのは厳しいですが上手く外に出せれば一気に突き抜けてもおかしくない力はあると思うので期待したいですね。

②シゲルピンクダイヤ 和田竜 : 桜花賞2着、秋華賞3着と世代上位の力を見せていましたが未だに未勝利勝ちのみの1勝馬。近走は中距離戦を使われていますが昨年のヴィクトリアマイルで6着と善戦しているようにマイルの方が合っていると思うのでいくらか上向いてくるかもしれません。前走の福島牝馬Sでは好スタートを切りましたが控えて中団につけ直線に入るとそれなりに伸びて7着でしたが勝ったディアンドルから0.2差。スローペースだったので結果的には控えずに前目にいた方が良かったですね。ゲートが安定しませんが前走のように出遅れずに先団内で脚を溜めれば見せ場くらいは作れるかもしれません。

③クリスティ 斎藤新 : 4歳にして5勝をあげているのは意外に強い馬なのかもしれませんが勝ち鞍のほとんどは条件戦ですから勝てるレースを選んで出走しているのかもしれませんね。前走の六甲Sはリステッド競争ですがマイペースで行って何とか勝ち切った感じでG1では通用しないでしょう。

④イベリス 酒井学 : 3歳時にはアーリントンカップ勝ちやセントウルステークス3着など活躍しましたがその後は結果が出ず2走前の京都牝馬Sで久々の勝利。前走の阪神牝馬Sでは逃げて差されて6着でした。1400mがベストでしょうからマイルは少し長いですしこの相手で自分のレースをさせてもらえないでしょう。

⑤デゼル 川田将 : オークスでは11着と崩れてしまいましたがそれ以外は崩れず走れていますね。前走の阪神牝馬Sでは出遅れて後方から。直線に入り内のマジックキャッスルを外に出せないように蓋をしそこから追い出されると一気に伸びてクビ差の勝利。重賞初制覇を飾りました。勝負所の反応はあまり良くないように見えましたが終い32.5の脚を使い勝ち切りましたね。本質的には中距離の方が向いていると思うのでマイルG1のペースについていけるかどうか。これまで前半3ハロン35秒を切るレースを経験していないですしここは前半おかれてしまいそうですから脚を溜められるかどうかの心配はありますね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑥グランアレグリア ルメール : これまでG1で4勝をあげる現役最強マイラー。特に昨年の安田記念では中団から一気に伸びてアーモンドアイを置き去りにする圧倒的な強さを見せました。その後もスプリンターズSではとても届かない位置から飛んできてダノンスマッシュを突き放す圧勝。マイルCSでは一転好位からの競馬。馬群に包まれて追えない場面もありながらインディチャンプをあっさり交わして完勝。前走の大阪杯では距離延長と極悪馬場で4着に敗れましたが力は見せましたね。ここはベストのマイル戦ですし牝馬限定なら余程のことがない限りは勝ち負けになるでしょう。

⑦マルターズディオサ 田辺裕 : 阪神JFで2着と好走しチューリップ賞を勝ったことで桜花賞でも期待されましたが5着。オークスは10着と崩れましたが紫苑Sで優勝。しかし秋華賞では7着と本番では崩れてしまいますね。阪神Cで短距離に矛先を向けると2着と好走。前走の高松宮記念では後方から直線で脚を伸ばし8着。スタートで遅れたのと道悪が響いた感じですが最後は良い脚を使いましたね。マイルは合いますし本来は好位につけられるタイプなので先行馬の多いここは行きたい馬の後ろで脚を溜められそう。G1で好走出来るとしたらここしかないでしょう。

⑧ランブリングアレー 吉田隼 : 若駒のころはなかなか勝ち切れないレースが続きましたが昨年1勝クラスを突破するととんとん拍子にオープンへ昇格。2走前の愛知杯では中団から直線で馬群を割って抜け出しゴール前でマジックキャッスルに差されましたがクビ差の2着。前走の中山牝馬Sでは中団につけ3~4角で外から上がって行き直線でも最後までしっかり伸びてハナ差の差し切り勝ち。不良馬場でも良い脚を長く使いましたね。かなり力を付けてきているようです。マイルは少し短い感じはありますが東京なら何とかなるかもしれません。

⑨テルツェット デムーロ : これまで6戦してミモザ賞の3着以外は全て勝ち現在4連勝中。前走のダービー卿CTでは出遅れて後方から。3~4角で外から上がって行き直線しっかり伸びて完勝。重賞初制覇を飾りました。スピード勝負にも対応出来ましたね。これで4連勝でG1へ初出走となりますが力は良いものを持っている感じですね。ただ小柄な馬で今年3戦目ですから少し気になりますね。力を出せれば通用してもおかしくないでしょう。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら