ヴィクトリアマイル~見解②

競馬予想

ヴィクトリアマイルの出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑩ローザノワール 田中勝 : ダートで4勝を上げていますが芝では1勝のみ。さすがにここで通用する感じはありませんね。逃げ宣言をしていますから残られると大荒れですね。

⑪ファインルージュ ルメール : 桜花賞ではソダシと0.1差の3着。秋華賞ではアカイトリノムスメと0.1差の2着と世代上位の力を見せました。これまで崩れたのは距離が長かったオークスだけ。前走の東京新聞杯では古馬の牡馬相手に2着と好走。レースでは直線で囲まれ追い出せない時間がありながら前が開くと一気に加速し安田記念でも人気になりそうなイルーシヴパンサーに迫りました。持ち時計もありますし状態も良さそうなのでチャンスはあるでしょう。

⑫ミスニューヨーク デムーロ : 2走前のターコイズSでは直線で最後方から一気に伸びて差し切り勝ち。軽ハンデで展開も向いたのでそこまで評価は出来ないか。前走の中山牝馬Sでは中団のインにつけ直線でも最内から伸びて先頭に立ちますがゴール前で差されて3着でした。良い切れ味を持っているので嵌れば強いですがどちらかと言えば小回り向きな感じはします。道悪なら評価の上がる1頭でしたが良馬場になりそう。

⑬レイパパレ 川田将 : 昨年はデビューから6連勝で大阪杯を制覇。続く宝塚記念でも3着と好走し力を見せましたがその後は3戦連続で馬券外に敗れてしまいました。金鯱賞では好位からしぶとく粘りジャックドールの2着と久々に好走。前走の大阪杯では3番手から直線で抜け出しますがゴール前で差されて2着でした。2年連続好走で阪神内回りの適性が高いのでしょうか。今回は久々のマイル戦がどうかですが寧ろ合いそうな感じはありますね。問題は直線の長い東京で最後まで脚がもつかということ。高速馬場になった時も心配。

⑭アカイイト 幸英明 : 昨年のエリザベス女王杯でG1初制覇を飾ると有馬記念にも出走。後方につけ3~4角でかなり大外を廻して上がって行き直線に入ってもそれなりに伸びましたが7着まで。距離ロスが大きかった割には頑張りました。金鯱賞ではいつもより前につけ中団前目のイン。4角出口から追い出し直線で前を捕らえに掛かりますが差が詰まらず3着まで。前走の大阪杯では後方につけ3~4角で押されますがあまり進んで行かず直線の伸びもなく10着に終わりました。内伸び馬場で外からでは厳しかったか。今年3戦目でそろそろ走りごろな感じもしますがマイルに対応出来れば。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑮アンドヴァラナウト 福永祐 : エアグルーヴの血を引く良血馬。昨年はローズSを勝ち秋華賞で3着と好走。愛知杯では重め残りもあって初めて崩れてしまい11着。前走の阪神牝馬Sでは好位のインにつけて直線に入り前を追いますが内から来たメイショウミモザに交わされて2着でした。調教をやり過ぎたようで硬さがあったとのこと。その影響でキレが鈍ったのなら今回のソフト調整で巻き返して来る可能性はあるかもしれません。

⑯デゼル 藤岡康 : 昨年のこのレースでは後方から直線で良い伸びを見せましたが0.9差の8着。2走前の愛知杯では後方から追い込み3着。前走の阪神牝馬Sでも後方から直線で伸びて来て3着でした。良い脚は持っているのですがエンジンの掛かりも遅いですしマイルは短い印象。東京替わりは良いと思いますが届かない可能性が高いか。

⑰シャドウディーヴァ 坂井瑠 : このレースは2年前に出走し10着。4走前の府中牝馬Sで後方から直線で良い伸びを見せ差し切り勝ち。重賞初制覇を決めました。しかし近走は完敗続きですしマイルは短い感じ。東京は得意ですがそれだけで好走は望めないでしょう。

⑱テルツェット レーン : ラヴズオンリーユーの近親。昨年は4連勝の後ヴィクトリアマイルに挑戦するも14着と完敗。当日は入れ込みがキツかったようですし時計も速すぎましたね。前走の中山牝馬Sでは最後方から4角でかなり大外を廻すロスがありながら直線で追い上げ5着でした。ちょっとロスが大きかったですね。切れる脚はあるのですが後方からでは厳しいですね。大外枠を引いたのも良くないでしょう。レーン騎手も以前ほど冴えないですし今回は軽視したいですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら