安田記念2020~見解①

競馬予想

安田記念の出走馬を見ていきましょう。

①ダノンプレミアム レーン : 昨年はスタートで不利を受けその後はアーモンドアイを閉じ込めることに終始し玉砕。2000mベストと思うがマイルG1勝ち馬だし昨年のマイルCS2着なら大丈夫。前走は酷い重馬場で3着も寧ろ良く頑張った印象で以前より力強くなった感じ。海外帰り初戦で仕上がり不安も力を出せれば頭は厳しいでしょうが2~3着なら十分足りる。

②ダノンキングリー 戸崎圭 : 大阪杯は逃げて最後までしぶとく粘ったが3着。逃げなければもっと際どかったハズ。横山騎手は合っていないと思っていたので漸く主戦の戸崎騎手が戻り本領発揮か。東京は得意だし1800mベストもマイルでも問題ないでしょう。上位争い必至。

③ノームコア 横山典 : 牡馬相手のG1では一歩足りないと思いますが東京マイルはベスト条件なので好走はしてきそうで取捨に迷う1頭。

④クルーガー 石橋脩 : 8歳でもまだまだ元気。しかしさすがにこの相手では厳しいでしょう。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑤アーモンドアイ ルメール : 昨年はスタートの不利が大きく寧ろ強さが際立った一戦。有馬で崩れた印象が強く今回も急遽の参戦で状態が心配ですがヴィクトリアマイルは調教のような楽勝でしたから大丈夫と思いたいですね。力を出せればこの相手でも負けないでしょう。

⑥インディチャンプ 福永祐 : 昨年は安田記念とマイルCSを勝ちマイル王に。しかし勝つ時は強いのに負けるときはあっさり負けますね。まだまだここで確勝級という力はないでしょうか。とはいえ特に嫌う理由もありませんし上位争いには加わって来るでしょうね。

⑦ペルシアンナイト 田辺裕 : 昨年はかなり状態が良く陣営の期待感が大きかったですが残念ながらスタートの不利が一番大きかったのはこの馬。最後は32秒台の末脚で追い上げましたが10着完敗。その後も勝てていませんがマイルCS3着など力は見せています。今回は相手がかなり強いので掲示板がやっとでしょうが一応押さえておきたい。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら