ダービー2020~見解④

競馬予想

ダービーの出走馬を見ていきましょう。第4弾

レクセランス 石橋脩 : 新馬勝ちの後2戦目の福寿草特別では最後方から早目に押し上げ中団につけ直線ではなかなか伸びませんでしたが最後は何とか差し切り2連勝。すみれステークスでは5頭立ての最後方から直線でしぶとく伸びて何とか差し切り3連勝。3戦とも僅差の差し切り勝ちですしレースレベルも低そうでそこまで評価は出来ませんね。前走の皐月賞ではスタートで出遅れ後方のインから。3角あたりで内目から上がって行き4角では外目に持ち出して直線でもソコソコ伸びて来ましたがコントレイルから1.4差の11着。陣営もダービーでピークにとのことでしたしここは上積みがあるとは思いますがスタートが悪いですし切れる脚もありませんからあまり期待出来ないのではないでしょうか。

ブラックホール 石川裕 : デビュー戦でオーソリティとクビ差の2着と好走すると次走で初勝利をあげました。続く札幌2歳Sは後方から大外を廻し上がって行くと直線でも良く伸びて完勝。ホープフルステークスでは好位から伸びず9着完敗。弥生賞は後方から早目に押し上げて行きしぶとく伸びましたが4着まで。前走の皐月賞では最後方で脚を溜め3~4角で一番大外を上がって行きかなり距離をロスしましたが直線で良く伸びコントレイルから1.4差の9着でした。ロスの割にはしっかり伸びて来ましたね。ただ小回り向きの印象ですし展開が嵌ってもこの相手で馬券圏内は厳しいでしょうね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

マンオブスピリット 北村友 : デビュー戦は中団から伸びず5着。2戦目は中団からしっかり伸びて初勝利。続くつばき賞は後方から最後までしぶとく伸びて2連勝。前走の京都新聞杯では後方で脚を溜め3角あたりで内から上がって行き4角で外に出すと直線でぐんぐん伸びてディープボンドとの叩き合いになり最後はクビ差届かず2着まで。前評判の高かったアドマイヤビルゴがいたこともあり始めから2着狙いだった感じでまだまだ上積みはありそう。行き脚が付かない分、距離延長は良い方に出そうですし長く良い脚を使えるので乗り方次第では上位争いに加わって来るかもしれません。

アルジャンナ 浜中俊 : 1.8億円の高額馬。デビュー戦は5頭立ての最後方から直線であっさり抜け出し完勝。東スポ杯では後方で脚を溜め直線に入るとコントレイルの後ろからついて行き良く伸びましたが相手はさらに良く伸びて5馬身突き放された2着。かなりの力差を感じましたね。きさらぎ賞では中団につけ直線で良く伸びましたがスローペースで前が止まらずコルテジアから0.1差の3着でした。前走の毎日杯では中団から3~4角で上がって行き直線では後ろから来たサトノインプレッサの進路を塞ぎに行き並ばれてからも馬体をぶつけに行きましたがあっさり交わされてしまい0.1差の2着。いつも強い馬相手に善戦していますが一歩足りませんね。ここもやはり一歩足りないでしょうが内枠を引けたことで馬券に絡むチャンスが出てきたかもしれませんね。

以上、出走馬を見ていきました。

 

ダービー2020~見解①
ダービーの出走馬を見ていきましょう。 コントレイル 福永祐 : デビュー4連勝で皐月賞を無敗で制覇。2戦目の東スポ杯では中団から伸びてアルジャンナに5馬身差をつけレコードで圧勝。続くホープフルステークスは初の中山で内目の2番枠からでしたがスッと前につけ被せられることもなく勝負所で外から上がって行き直線で抜け出すと2着のヴェルトライゼンデには食い下がられましたがそれでも0.2差つけ完勝。そこから休養を挟みぶっつけで皐月賞に出走。前日の大雨の影響で道悪が残り最内1番枠からのスタートで厳しい状況。案の定良いポジションが取れずどんどん位置取りが悪くなり中団後ろまで下がってしまい内に閉じ込められる感じでもうダメかと思いましたが3~4角の中間あたりで外に持ち出すとそこからかなり大外を廻したのにもかかわらず直線入口ではもう前を射程圏に入れる所まで押し上げていました。直線に入ると先に抜け出したサリオスが馬体を併せに来て叩き合いになりましたが最後は半馬身抜け出し優勝。着差以上の強さを感じましたね。もともと皐月賞はダービーの叩き台のような感じでしたから上積みはかなりありそうですし本来はもう少し良い位置を取れるタイプでもあるので余程の不利でもない限りは当然勝ち負けになるでしょうね。
ダービー2020~見解②
ダービーの出走馬を見ていきましょう。第2弾 ビターエンダー 津村明 : デビュー2戦目に好位から抜け出し完勝。続く京成杯では後方から早目に押し上げて行き4角で上手く外に出せましたが直線でややフラつく場面もありエンジンが掛かるのに少し時間が掛かってしまい良く伸びたものの4着まで。共同通信杯は好スタートから前に行きスローな逃げに持ち込む。直線に入り抜け出しにかかるがダーリントンホールとの長い叩き合いになり最後はハナ差及ばず2着でした。皐月賞では3番手からレースを進めましたが直線に入り力尽きてしまいコントレイルから1.7差の14着と完敗。しかし5着馬とは0.6差とそこまで負けていません。前走のプリンシパルSでは3番手でレースを進め直線に入り追い出されると残り200m辺りで先頭に立ちそのまま後続の追撃を抑えて優勝。前に行くスピードもあり終いもしっかり脚を使えるタイプで東京では崩れていませんし皐月賞の時よりやれるかもしれませんね。連戦の疲れが心配ではありますが展開次第では残り目もあるかもしれません。
ダービー2020~見解③
ダービーの出走馬を見ていきましょう。第3弾 マイラプソディ 横山典 : デビュー勝ちの後、野路菊Sでは後方から外を廻して上がって行き直線で良く伸びて後続を突き放し圧勝。続く京都2歳Sも同じような競馬で差し切り3連勝。共同通信杯では好スタートを切りましたが下げて後方から。直線もそれなりに伸びましたが前から離された4着に終わりました。これで連勝が途絶え評価も急降下。前走の皐月賞では好スタートを切るも抑えて後方から。3~4角で外から上がって行きましたが直線での伸びがなく1.5差の13着。それでも5着馬とは0.4差ですからそこまで負けたわけではありません。もともと中山向きではない感じでしたし今回距離延長も問題ないと思います。まだまだこれからの馬で見限りは早計ですが乗り替わりがどう出るか。横山典騎手は何をしてくるのか分からない怖さはありますがハマり待ちなので中心視したくないタイプ。席は一つしかないと考えればここは軽視したいですね。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら