エリザベス女王杯2019~見解①

競馬予想

エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。

①ブライトムーン 福永 : 条件戦でコツコツと力を付けてきていますがまだ3勝クラス。京都が得意でもないですしここは相手が強いでしょう。1枠を引きましたが内が荒れ始めているので有利にもならないですね。

②ラッキーライラック スミヨン : 阪神JFやチューリップ賞を勝ちましたが桜花賞でアーモンドアイに負けて以降尻すぼみ。近走やや復調気配もあり鞍上大幅強化でチャンスが出て来ましたね。距離も持つでしょうし追い出すタイミングさえ間違わなければ上位争いに加われるかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③シャドウディーヴァ 松山 : オークスで0.5差、秋華賞で0.6差と印象ほど弱い馬ではないと思いますね。秋華賞の2000mから1ハロン伸びるのは良いでしょうし内回りより外回りの方が合いそうです。内枠を引きましたしある程度の位置で追走出来れば直線良い脚を使ってくれそうです。

④ウラヌスチャーム マーフィー : 中山牝馬S2着や愛知杯、クイーンS4着など牝馬限定重賞ならソコソコ走れていますね。前走は牡馬相手の京都大賞典でしたが窮屈な位置取りで追い出しがやや遅れた感じ。それでも最後はそれなりに追い上げましたね。力負けというより力を出せなかったという印象。今回はマーフィー騎手に乗り替わりで上手く乗ってくれるでしょうからチャンスはありそう。これまでの成績を見ると1800mや2200mで好走しているので非根幹距離が得意なタイプなのかもしれませんね。

⑤ポンデザール 藤岡康 : サトノクラウンの妹で現在4連勝中と好調。長距離戦ばかりですがいずれも早目に捲って上がり最速。距離短縮でどうかは分かりませんが下り坂を利用できそうな京都は合いそうな感じですしここでもソコソコやれるかもしれませんね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

エリザベス女王杯2019~見解②
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第2弾 ⑥クロコスミア 藤岡佑 : このレースは2年連続2着と相性がいいですね。もう6歳馬ですし3年連続の好走は難しいと思いますが今年はヴィクトリアマイルで3着するなど衰えは見られませんし長く活躍するステゴ産駒でもあるので今年も上位に来れるかもしれませんね。前走の府中牝馬Sは外枠から速めの流れを追いかける厳しい展開でしたがその割には良く粘って5着とマズマズ。今回は内目の枠ですしペースも上がらないでしょうからかなりの条件好転で好走必至か。 ⑦レイホーロマンス 岩崎 : 昨年のこのレースは13着と大敗。もう2年近くも勝っていませんしさすがにここでは買えませんね。
エリザベス女王杯2019~見解③
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第3弾 ⑪ラヴズオンリーユー デムーロ : 無傷の4連勝でオークスを制覇。一躍世代トップに躍り出ました。しかし秋華賞は蹄の炎症のため回避しぶっつけでここへ。力があるのは間違いないと思いますが怪我でぶっつけになった過程は良くないでしょう。仕上がりは順調らしいですが一頓挫の影響が全くないとは思えないので中心視するのは怖いですね。とはいえ京都で2勝していますし距離も問題ないでしょうから状態さえ良ければ当然勝ち負けになるでしょう。
エリザベス女王杯2019~見解④
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第4弾 ⑮ミスマンマミーア 浜中 : 道営出身で南関・船橋へ移籍し今年に入り中央入り。2歳時にコスモス賞で2着や札幌2歳Sでも0.3差と芝適正を見せていましたし近走の好成績からも芝向きだったのでしょうね。前走の3勝クラスでは3着止まりでしたがこの後アルゼンチン共和国杯で3着となるアフリカンゴールドと0.2差なら上出来でしょう。これなら格上挑戦のここでも見劣ることはないのではないでしょうか。これまで非根幹距離での成績が良いのでここも嵌る可能性があるかもしれません。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら