エリザベス女王杯2020~見解③

競馬予想

エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第3弾

ソフトフルート 福永祐 : 2走前の夕月特別では後方から3~4角でインから差を詰め直線に入り抜け出すとぐんぐん伸びて完勝。牝馬限定戦でしたが古馬2勝クラスを圧勝し力を見せました。前走の秋華賞は出遅れて最後方から。3~4角をデアリングタクトの2頭分くらい外というかなり外々を周って上がって行き直線に入るとぐんぐん伸びてデアリングタクトから0.3差の3着と好走。ハイペースで展開が向いたとはいえかなり距離ロスの大きいライン取りでこの差ですから力はかなりあるでしょう。この時は出遅れてしまいましたが前につける脚もありますしどこからでも終いは良い脚を使えますね。しかも後方から前に取り付く脚も速かったですしかなり長く良い脚を使えるようです。今年の女王杯は阪神の内回りで行われますから舞台も向きそうですね。前走が本番でしょうから上積みがあるかは分かりませんが充実一途の今ならもう一発あってもおかしくないでしょう。

ノームコア 横山典 : クロノジェネシスの姉。2年前のこのレースで5着。その後は昨年のヴィクトリアマイルでG1初制覇。今年の同レースも3着、安田記念でも4着と好走していますね。前走の札幌記念では中団につけ4角で外に出すと直線で良く伸びて先に抜け出したラッキーライラックをあっさり交わして完勝。ベストはマイルだと思いますが2000mでも全く問題ありませんでしたね。さらに1ハロン伸びても大丈夫でしょう。東京での好走が目立ちますが中山でも勝っていますし機動力もあるので阪神内回りでも走れそうですね。実力的にはここでも上位の存在ですし中心視しても良いのですが調教はイマイチですし鞍上が信用できないので印は落とすことになりそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ミスニューヨーク 加藤祥 : デビュー3戦目に初勝利を上げ1勝クラスも勝ち2連勝。続くオープンの白百合Sを3着の後、古馬との初対戦の2勝クラスを完勝。紫苑ステークスでは中団につけ直線でインを突き良い伸びを見せ5着でしたが0.3差。前走の秋華賞では好位につけ3角で内に進路を取ったところ前が壁になってしまい行くところがなくなりました。その間デアリングタクトをはじめ後方の馬が外から上がって行ったため外にも出せずほぼ最後方辺りまで下がって直線へ。そこから漸く追いだすとぐんぐん伸びて前に迫りましたがデアリングタクトから0.9差の5着に終わりました。3角で外に出していれば勝ち負けに絡めたかもしれず勿体ない競馬になってしまいましたね。デビューから1度も掲示板を外していない堅実派でいつも終いは伸びてくれますからここに入っても十分通用するのではないでしょうか。全く人気にならないと思いますがかなり怖い一頭。

ラッキーライラック ルメール : デビューから4連勝で桜花賞でも1番人気に推されましたがアーモンドアイに敗れてから勝てなくなってしまい実に1年半も未勝利。昨年のエリザベス女王杯では4角で内を突いて伸びてくる好騎乗もあり久々の勝利。その後は香港ヴァーズで2着。今年の大阪杯ではクロノジェネシスを差し切ってG1・3勝目を決めました。宝塚記念では6着と崩れ前走の札幌記念でも直線で抜け出しましたがノームコアにあっさり交わされペルシアンナイトにまで差される不甲斐なさで3着。どうも力のいる馬場は苦手のようですね。今回は速い時計の出ている阪神ですから本来の力を見せてくれそうです。鞍上にもルメール騎手を迎え必勝態勢ですがどうでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

エリザベス女王杯2020~見解①
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第1弾 ウインマイティー 和田竜 : オークスでは好位のインで脚を溜め直線に入り前を捕らえると一旦先頭に立ちましたが残り100m辺りで内外から交わされ1/2+クビ差の3着。人気はありませんでしたが良い内容のレースでした。紫苑Sではゲートで待たされたこともありスタートで出遅れ後方から。3~4角で外から上がって行き直線でも良く伸びましたが6着まで。しかし勝ったマルターズディオサと0.3差ですし長く良い脚を使って上がり最速。出遅れなければもっと際どかったでしょう。前走の秋華賞ではスタートが少しだけ悪く中団後ろのインにつける。3~4角で外目に出しデアリングタクトに内から併せて上がって行きましたが直ぐにおいて行かれて直線でもどんどん離され1.3差の9着に終わりました。スタートが安定しませんが好位につけれるタイプですし現状では瞬発力勝負では厳しそうですから何とかスタートは決めてほしいですね。時計は掛かった方が良いと思うので先週の高速馬場は続いてほしくないかも。
エリザベス女王杯2020~見解②
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第2弾 サトノガーネット 坂井瑠 : 昨年のこのレースは中団から速い上りを使えましたが勝ったラッキーライラックから0.8差の9着でした。前走の新潟記念ではかなり遅い流れのなか最後方から進め直線では大外のラチ沿いから上がり31.9の脚を使いましたが0.1差の4着でした。良い切れ味を持っていますが展開待ちでどこまで追い上げるかというタイプ。今回は内回りの阪神で直線一気では通用しないでしょうね。
エリザベス女王杯2020~見解④
エリザベス女王杯の出走馬を見ていきましょう。第4弾 ラヴズオンリーユー デムーロ : デビューから4連勝でオークスを制覇。続くエリザベス女王杯でも3着と好走。今年に入り中止になりましたがドバイへの輸送の影響もあったかヴィクトリアマイルでは7着と崩れてしまいました。鳴尾記念では2着と巻き返しましたが休み明けの前走府中牝馬ステークスでは道悪が合わなかったのか8頭立ての5着と凡走。休み明けでも状態は良かったらしいので上積みがあるかは微妙ですが今の阪神の馬場は合いそうですね。力を出し切れればこの相手でも十分勝ち負けに待ち込めるでしょう。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら