フェブラリーステークス2020~見解②

競馬予想

フェブラリーステークスの出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑨サンライズノヴァ 松山 : このレースは2年連続出走し4着7着。いつも後方から伸びて届かずのレースが続いていましたが2走前の南部杯では前目につけて抜け出しjpn1初制覇。前走の武蔵野Sでもスッと前に行き3番手から直線で一旦抜け出しましたが残り200m辺りで捕まり5着。59kgの斤量が堪えた感じでしょうか。機動力が付き状態もかなり良さそうで上位争い出来そうです。

⑩ノンコノユメ 真島 : このレースは過去4戦し2着7着1着13着と展開次第で好走も。去勢してから成績を落とした時期もありましたが今ではもう問題なくここ6戦は連続馬券圏内。末脚は切れるので脚抜きのいい馬場の方が良いと思いますが良馬場でも展開次第で上位に来れる力はあるでしょう。

⑪モジアナフレイバー 繁田 : 地方馬ですが血統的には良血の部類ですし昨年力を付け交流重賞でも上位に来れていましたね。中央勢の主力は回避組が多いので力自体は通用しそうですが初の中央の馬場で芝スタートのここでも実力が出せるのかが問題ですね。

⑫モズアスコット ルメール : 一昨年の安田記念勝ち馬ですが前走の根岸Sで初のダート戦に出走。スタートで出遅れながらも早めに巻き返し長く脚を使って完勝。ダートでも全く問題なかったですね。これならG1でもという感じですがムラ駆けな所がありますしマイルより1400mの方が良いでしょうからあまり過信しない方が良いのかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑬デルマルーヴル デムーロ : 2歳時から全日本2歳優駿2着など交流重賞でも上位に来ていました。前走の川崎記念では好位から粘り込みましたが前にはかなり離された3着まで。少し距離が長かったかも知れませんね。今回のマイル戦は良い方に出るかも。これまで5着以下のない堅実派ですしこの相手でも崩れず走ってくれそうです。

⑭ミューチャリー 御神本 : 昨年は羽田盃を圧勝し東京ダービーは2着ジャパンDダービー3着と南関クラシックで上位の成績を残しました。芝のセントライト記念はさすがに通用しませんでしたが川崎記念は離された4着とマズマズ。地方のダート馬としては上位の存在ですが芝スタートの東京マイルで通用する感じはありませんね。

⑮ケイティブレイブ 長岡 : 昨年はドバイで手術をし帰国初戦の浦和記念でいきなり勝利して力を示しましたがその後は東京大賞典8着川崎記念6着と連敗。少し出来落ち感もありますが重賞勝ち多数の実力馬ですから力を出せれば一発あってもおかしくないでしょう。ただマイル戦は距離不足ではあります。

⑯ワンダーリーデル 横山典 : 昨年のこのレースは9着。オープンでもなかなか勝ち切れないところがありましたが3走前の武蔵野Sでは後方から良く伸びて重賞初制覇。もともとは短めの距離を前目で受ける競馬をしていましたが後方で脚を溜め末脚に賭けるレースをするようになり勝ち切れるようになりましたね。前走の根岸Sは追い込み届かず8着に敗れましたが調子上向きでマイル戦の今回はもう少しやれそうです。

以上、出走馬を見ていきました。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら