フローラS2019~見解④

競馬予想

フローラSの出走馬を見ていきましょう。第4弾

フェアリーポルカ 和田 : デビュー戦は阪神2000m。好位のインにつけ直線最内の狭い所をついて伸び先頭を捕らえると後続を突き放して完勝。時計は遅かったですが楽勝でした。続く若駒Sは好位追走から直線でも粘りましたがヴェロックスから0.6差の3着でした。前走の君子蘭賞は中団外目で折り合い直線で抜け出すと後続に詰め寄られましたが1/2差凌いで優勝。初の東京で輸送がどうかの心配はありますが好位につけられればそれなりにやれそうですね。

フォークテイル 田辺 : アルバートの妹。デビュー戦は東京1600m。先行集団の外を追走し3~4角でじわじわ上がって行き直線に入ると良く伸びて完勝。3ヵ月の休養を挟み中山1800m若竹賞に出走。スタートで出足がつかなかったが押して上がって行き3番手の内につける。直線に入りやや伸びが悪いと思いましたが坂を登り切ったあたりで一気に加速し前を猛追しましたがクビ差及ばず2着まで。伸びるときにかなり首を下げて格好いい走りをしますね。今回も休み明けですが調教の動きは良いし東京の方が向いていると思うのでここはチャンスでしょう。かなり強い馬だと思うのですが田辺騎手への乗り替わりは大幅マイナスですね。鞍上に目をつむり馬を信じるかどうか・・・

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ペレ 大野 : エタリオウの妹。デビュー戦は東京1600m。先団後ろにつけ直線じわじわ伸びましたがダノンキングリーから0.3差の3着でした。2走目も東京1600m。後方から直線しっかり伸びて初勝利。休養を挟んだ前走は中山1800m。3番手につけ4角あたりで進出開始し直線でも良く伸びましたがウィクトーリアから0.3差の2着でした。それなりの力はあると思いますがウィクトーリアとは力の差がありそうですね。それでも好位につけられればソコソコやれそうです。

レオンドーロ 柴田大 : デビューから6戦目で勝ち上がり。だいたい好位からそれなりの脚を使って上位に来るレースを繰り返して来ましたね。続くフラワーカップではスタートで躓いたか滑ったか好位を取れず中団から。直線の伸びも悪く1.3差の8着。前走は福島2000mひめさゆり賞。スタートでまたも出遅れ後方から。3~4角で押し上げて行くと直線でも良く伸びましたがハナ差届かず2着。力はありそうですがどちらかと言うと小回り向きな気がしますし、ここ2戦で出遅れているのも気になりますね。スタートを決めればチャンスも出てくるか。

ローズテソーロ 黛 : デビュー戦の中山1800mは後方のまま大敗。続く東京2400mでは好位から直線も良く伸びて優勝。前走の中山2000mミモザ賞は後方からそれなりに脚を伸ばしましたが0.5差の5着でした。東京が得意な可能性もありますが、さすがにここでは厳しいか。

以上、出走馬を見ていきました。

 

フローラS2019~見解①
フローラSの出走馬を見ていきましょう。アモレッタ 三浦 : デビュー戦は阪神2000m。単勝1.5倍の圧倒的な1番人気。レースは先行するも行きたがる仕草をみせていましたね。直線に入り先頭に並びかけるもなかなか抜け出せず後ろの馬も迫ってきましたが何とかクビ差抜け出し優勝。期待ほどの結果ではなかったですが見栄えのする好馬体で先々は走ってくるのではないでしょうか。ただここで走れるかは半信半疑ですね。
フローラS2019~見解②
フローラSの出走馬を見ていきましょう。エアジーン Mデムーロ : デビュー戦は中団から直線良く伸びて完勝。5ヵ月ぶりの2戦目は先団につけ直線はじりじりと伸び1.0差の4着でした。前走のミモザ賞は中団から3~4角で上がって行き直線しぶとく伸びてクビ差で優勝。後ろから来られても抜かせなかったですね。勝負根性はあるかもしれませんがあまり強さは感じませんし東京向きでもなさそうで軽視したいですね。
フローラS2019~見解③
フローラSの出走馬を見ていきましょう。ジョディー 武藤 : デビュー戦と4走目の赤松賞を勝ち阪神JFに挑戦しましたが惨敗の16着。続くクイーンCは逃げ粘りクロノジェネシスから0.1差の3着と頑張りました。前走のフラワーカップは2番手からの競馬で直線良く粘りましたが0.9差の5着でした。これまでの結果を見ると東京で武藤騎手が乗って逃げると馬券に絡んでいますね。今回は東京で武藤騎手ですからこれで逃げることが出来れば馬券絡みがあるかもしれません。ただ逃げ宣言をしているウィクトーリアの存在は気になります。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら