フラワーカップ2019~見解①

競馬予想

フラワーカップの出走馬を見ていきましょう。

アイリスフィール 石橋脩 : デビュー戦は東京1800m。スタート後かなり行きたがっていましたが前に馬が入ると落ち着き好位で流れに乗る。直線で抜け出し0.2差つけ完勝。なかなかの勝ちっぷりですし2戦目で落ち着きが増せばここでも通用しそうですがどうでしょうか。

エールヴォア Mデムーロ : デビュー戦の札幌1500mで2着の後、2走目は阪神1800m。中団から3~4角で捲って行き直線入口で先頭に立つと一気に突き放し6馬身差圧勝。3戦目はアルテミスS1600m。スタートで前に行きましたが徐々に下がって途中手綱を引く場面もあり中団後ろからの競馬に。直線でじわじわ伸びましたが0.3差の3着まで。前走のエリカ賞2000mはスタートから前に行きハナを切るとそのままスローペースで逃げ切り。あまり切れる脚を使えないので前前で運んでしぶとさを生かした方が良さそうですね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

エアジーン ○○ : いとこにヴィルシーナやシュヴァルグランなどがいる良血馬。デビュー戦は中山1800mの混合戦。中団から4角で外に出すと直線良く伸びて完勝。牡馬相手に良い勝ちっぷりでした。5ヵ月間の休養を挟んだ2戦目の500万1800mでは1番人気に推されましたが直線の伸びがイマイチで1.0差の4着に終わりました。3~4角でもたついていましたし久々の影響もあったのかもしれませんね。一叩きされた今回はもう少しやれても良いと思いますが鞍上未定で回避の可能性も。

エフティイーリス 蛯名 : 桜花賞とオークスで2着だったエフティマイアの子。デビュー戦は東京1400m。好位から直線外に出すと良く伸びましたが、伸び負けてクビ差の2着。4ヶ月半の休養を挟んだ2戦目の東京1800m。スタートはイマイチも前へ。直線で外に出すとよく伸び2着に3/4差つけ優勝。前走のフェアリーSは出遅れて後方から。3~4角で上がって行きましたが4角で勝ち馬に外に押し出されそこから良く伸びましたが0.2差の4着。出遅れなければもっとやれるハズで人気が落ちるようなら絶好の狙い目に。

コントラチェック 丸山 : 牝馬ながら皐月賞に出走し(11着)オークスで3着だったバウンスシャッセの妹。デビュー戦は函館1800m。少頭数で好位からの競馬になりましたが直線の伸びはイマイチで0.3差の3着。2戦目は札幌1800m。好スタートを切るとそのまま逃げ切り圧勝。続いて中山1600m。好位から直線で前を捕らえにかかりますがクビ差の2着まで。前走も中山1600m。逃げの手に出るとそのまま逃げ切り完勝。逃げられれば強いですね。今回は同型も多く自分の形に持ち込めるかどうかが問題。少頭数の競馬ばかりだったので揉まれ込むと心配ですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

フラワーカップ2019~見解②
フラワーカップの出走馬を見ていきましょう。シャドウディーヴァ 岩田康 : デビューから4戦すべて東京2000mを使われてすべて33秒台で上がっていますね。いつも中団から速い上がりを使って堅実に差してきます。デビューからここまで2着2着1着3着。堅実な反面なかなか勝ち切れませんね。今回は初の中山1800mですが器用なタイプに見えますし馬群を割れる根性もあるのでむしろ向くかもしれませんね。
フラワーカップ2019~見解③
フラワーカップの出走馬を見ていきましょう。メイショウハナグシ 池添 : デビュー戦は京都2000m。好位から直線で抜け出し完勝。強い勝ち方でしたが時計はかなり遅くあまり評価は出来ませんね。ここは厳しいのではないでしょうか。 ランブリングアレー 浜中 : デビュー戦は京都1600m。中団から直線で追い出すと伸びはイマイチで届かないと思いましたが隣に並ばれると加速しキッチリ差し切り優勝。時計は遅いですが力のありそうな感じはありましたね。2戦目の前走も京都1600m。中団で抑えて3~4角で捲り気味に上がって行くが4角で外に膨らんで直線へ。そこから良く伸びましたが勝ち馬にあっさり交わされ2着まで。これは相手が悪かったですね。なかなかの好時計で走れていますしそれなりの力はありそうです。ただコーナリングはうまくなさそうで中山替わりはマイナスかも。

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら