ホープフルステークス2019~見解①

競馬予想

ホープフルステークスの出走馬を見ていきましょう。

①ブラックホール 石川 : デビュー戦でオーソリティからクビ差の2着と好走。2戦目でしっかり勝ち上がり前走の札幌2歳Sも勝って重賞初制覇。3戦とも時計も上りも掛かる中で上がり2位以内の脚を使っていますね。競馬っぷりが不器用で後方から大外を捲って上がってくるしかなくスタミナ豊富で消耗戦に強い印象。今の中山では速い時計は出ないでしょうけどロスの多い競馬でG1のメンバー相手で通用するのかどうかですね。

②コントレイル 福永 : デビュー戦は好スタートから押さえて好位から進め直線持ったままで先頭に並びかけそこから交わすのに少し手間取りましたが交わしてからは0.4差離しました。前走の東スポ杯2歳Sは淀みのない流れを中団で折り合い直線に入って追い出すと一気に前を捕らえて先頭へ。そこから鞍上が手を緩めず最後までしっかり追って後続を突き放し圧勝。時計も速くかなりの力を持っていますね。軽い馬場でワンターンの瞬発力勝負しか経験していませんので今回時計の掛かる馬場で小回りの中山に替わってどうかの心配はありますが好位につける脚もありますし少頭数ですから問題ない可能性は高そうです。しかし鞍上がムーア騎手から福永騎手に替わるのはマイナスですし内枠でもまれると力が出せないかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③ブルーミングスカイ 田辺 : デビュー戦は最後方から早めに動いて捲って行き直線も良く伸びましたが大外を廻したロスが大きくマイラプソディから0.2差の3着。2戦目は乗り替わりで前につけ2番手で進めるも3角あたりで一旦離されて3番手。そこからガシガシ追われて前に取り付き直線に入るとぐんぐん伸びて突き放す圧勝。紫菊賞は出遅れて後方からになるも直ぐに追い上げ3番手から。直線で逃げていた馬が突き放しにかかった所をやや抜け出すのが遅れてしまい絶望的な差がありましたがそこからぐんぐん伸びて半馬身差まで迫った2着。前走の黄菊賞は先団馬群の中で折り合い3~4角で他馬が動き出しましたが窮屈なところに入ってしまい追い出しが遅れて位置取りが悪くなりそこから巻き返して伸びて来ましたが離された4着まで。一戦余計な感じはありますが調教の動きは良くここでも通用しそうな感じはありますね。

④ガロアクリーク 丸山 : 鞍上の野中騎手病気のため丸山騎手に乗り替わるようです。デビュー戦は行き脚が付きませんでしたが徐々に盛り返して中団につけかなり遅い流れでしたがしっかり折り合い早めに動いて上がって行き直線でもしっかり伸びて0.2差をつけ優勝。大型馬でパワーがありそうなので東京より中山の方が合っているかもしれませんね。スタートは遅いですがある程度の位置を取れるスピードは持っていますし終いも良い脚を長く使えるのでチャンスはありそう。

⑤ヴェルトライゼンデ マーフィー : ワールドプレミアやワールドエースの弟。デビュー戦は好位から抜け出し3馬身差完勝。重馬場でしたが全く苦にしませんでしたね。前走の萩Sは中団から直線3頭の叩き合いになり競り勝って2連勝。どちらも道悪で時計も遅いですがスッと好位につけれますし終いもしっかりしているので崩れにくそうなタイプですね。パワータイプの好馬体で中山適正は高そうですしこの相手でも十分上位争い出来そうです。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら