京成杯2019~見解①

競馬予想

京成杯の出走馬を見ていきましょう。

①カイザースクルーン 石川 : オークスで3着だったアイスフォーリスの子。デビュー戦は福島1800m。好スタートから前へ行き2番手でレースを進め、直線に入ると抜け出し完勝。2戦目は中山2000m芙蓉S。好スタートを切るも脚が滑ったのか、ガクッとなってダッシュが効かず後方から。向こう正面で早めに動き3~4角で外から追い上げ直線入口で先頭に並びかけるが交わすところまでいかず、結局3着に終わりました。前走は中山2000m葉牡丹賞。スタートで出遅れるも押して好位3番手でレースを進め、直線でも粘るが最後は力尽き勝ち馬から0.5差の5着。+14kgで少し重め残りだったかも。今回逃げるか。

②ヒンドゥタイムズ 中谷 : デビュー戦は阪神2000m。スタートは遅かったが前目につける。直線で抜け出すとあっさり突き放し圧勝。少頭数で時計も遅かったが完勝で。

③クリスタルバローズ 北村宏 : デビュー戦は福島1800m。好スタートから前へ。2番手でレースを進める。3~4角で先頭に立ち直線へ。そのまま抜け出して完勝。2戦目は札幌2歳S1800m。スタートでやや出遅れて後方から。3~4角でニシノデイジーと一緒に捲っていくも4角で遅れる。直線も頑張ったが離された6着に終わりました。重賞では力不足かも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

④マードレヴォイス 三浦 : デビュー3戦目の未勝利戦1600mを勝利。その後2戦1600mを使いましたが4着、6着。6戦目の前走はG1ホープフルS2000m。道中やや不利もありましたが力不足でしたね。ここでも足りないか。

⑤ランフォザローゼス Oマーフィー : 1戦1勝で引退したラストグルーヴの子でエアグルーヴの孫。デビュー戦は東京2000m。スタートからスッと前へ。一瞬引っかかるも直ぐに折り合い2番手でレースを進める。直線で先頭に並びかけると最後までしっかり伸びクビ差で優勝。2戦目は中山2000m葉牡丹賞。スタートを決め前へ。先行5番手で進み3~4角でやや手ごたえが悪そうに見えたが直線に入ると馬群を縫うように伸びてレコードの勝ち馬から1馬身差の2着でした。4角で外に出せなかったのが痛かったですが力は示した。ここでもチャンス。

⑥カテドラル 福永 : デビュー戦は中京2000m。スタートを決め前へ。2~3番手でレースを進め、直線に入ると楽に抜け出しグングン伸びて圧勝。2戦目は阪神1800m野路菊S。少頭数でもあり逃げて完勝。前走は東スポ杯2歳S。好位後ろでレースを進め直線へ。残り300m辺りで一旦先頭に立つもそこまで。後続にどんどん交わされ勝ち馬から0.9差の11着に終わりました。敗因は分かりませんが小回りの方が向きそうで変わり身があっても。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら