NHKマイルカップ2022~見解①

競馬予想

NHKマイルカップの出走馬を見ていきましょう。第1弾

①マテンロウオリオン 横山典 : デビュー戦で2着も格上挑戦で万両賞に出走。出遅れて最後方からになりましたが直線一気の差し切り勝ち。強い勝ち方でした。シンザン記念では好位のインにつけ直線に入ると内から抜け出し最後はソリタリオに詰め寄られますがクビ差凌いで優勝。前走のNZTでは中団でじっくり脚を溜め4角で外から一気に加速し直線に入ると勢いのまま前を捕らえにかかりますが逃げたジャングロを最後まで交わせずアタマ差の2着でした。かなり能力は高そうですが一連のレースを見ていると1400mベストなのかもしれません。ただ好枠を引いたので最内でロスなく運べば最後の一伸びが効くかもしれませんね。

②ソネットフレーズ 横山武 : デビュー戦は2番手から抜け出し圧勝。デイリー杯2歳Sでは中団から直線に入り抜け出すのに手間取りましたが最後はセリフォスとクビ差の2着でした。その後クイーンカップを目指していた様ですがアクシデントがあったそうでここへ直行。それなりに能力はありそうですが仕上がり途上な感じなので軽視したいですね。

③ソリタリオ 鮫島克 : デビュー3戦目に初勝利を決めると続く1勝クラスでも勝ち2連勝。シンザン記念では中団前目につけ直線に入るとじわじわ伸びて前に迫りましたが先に抜け出したマテンロウオリオンにクビ差及ばず2着でした。前走のスプリングSでは中団後ろにつけ3~4角で追い出しますが反応が鈍く直線に入っても伸びがなく10着に終わりました。出来が悪かったのか距離が長かったのか分かりませんが堅実な馬にしては珍しく大きく崩れてしまいましたね。巻き返して来る可能性はありますがワンパンチ足りないかもしれませんね。

④セリフォス 福永祐 : デビュー勝ちの後、新潟2歳Sでは上がり32.8の脚を使って完勝。デイリー杯2歳Sでは後方から早目に上がって行き直線で大外からぐんぐん伸びて差し切り勝ち重賞2連勝を決めました。朝日杯FSではやや出負けしましたがすぐに巻き返して先団馬群の後ろにつける。直線に入り外に出して一旦抜け出しましたが最後はドウデュースに交わされ半馬身差の2着でした。皐月賞の結果からかなりレベルの高い一戦だったでしょうからこの馬も世代上位の力はありそう。久々ですが仕上がりは良さそうですし出遅れなければ上位争いになりそうです。

⑤キングエルメス 坂井瑠 : 1200mのデビュー戦は2番手から抜け出す完勝。続くクローバー賞は5着に敗れましたが京王杯2歳Sでは2番手から抜け出す完勝でした。しかしレース後に両前脚の骨折が判明し休養。5か月ぶりの出走となったアーリントンCでは3番手につけ直線で抜け出し一旦先頭に立ちましたが最後は差されて3着に終わりました。骨折休養明けで仕上がり途上だった割に頑張りましたね。今回への上積みは大きそうですし前へ行けるスピードもあるのでチャンスはありそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑥トウシンマカオ 戸崎圭 : デビュー勝ちの後、京王杯2歳Sではキングエルメスの2着。朝日杯FSでは前前で運んで直線で一旦先頭に立つ場面を作り最後は差されて6着と善戦。クロッカスSを勝ち前走のファルコンSでは他馬より1kg重い斤量を背負い直線でも周りを囲まれ追えない不利がありながら抜け出してから5着まで追い上げました。前に行くスピードがあり終いもそれなりに粘れるのでチャンスはありそう。マイルは少し長いようですが時計の出る馬場なら対応出来るかもしれません。

⑦タイセイディバイン 松若風 : デビュー5戦目で初勝利。京成杯は10着、1勝クラスで6着とイマイチな成績が続き短距離戦に転向。ファルコンSでは直線で周りを囲まれ出すところが無く何とか外に出すと一気に伸びて2着。前走のアーリントンCでは先行集団の後ろにつけ直線で抜け出し先頭に立ちましたがゴール前でダノンスコーピオンに交わされクビ差の2着でした。2戦連続重賞で2着と力を見せましたね。2000mを使ってきたスタミナもあり短距離戦で前目につけるスピードもあって豊富な経験がG1で生きて来そう。チャンスは大きい。

⑧アルーリングウェイ 藤岡佑 : 前走の桜花賞では好位につけてそのまま直線に入ると少しごちゃ突きましたが前が開くとじわじわ伸びて0.2差の8着。着順ほどの差はありませんが最後は切れ負けでした。いつも好スタートからスツと前に行き終いもそれなりの脚を使える崩れにくいタイプですがあと一歩足りない感じはします。全てが上手くかみ合って何とか3着あるかもしれませんがあまり積極的に買いたいとは思いませんね。

⑨ダンテスヴュー 吉田隼 : デビュー2戦目で初勝利。東スポ杯2歳Sでは後方からしぶとく伸びて4着。きさらぎ賞では中団につけ直線でやや前が壁になりましたが抜け出すと良い伸びを見せマテンロウレオとの叩き合いになり最後はハナ差競り負けて2着でした。前走の皐月賞では中団につけ直線で追いますが周りと脚色が同じになり流れ込んだだけの10着でした。上位陣とは少し差を感じる内容でしたね。良血馬ですし今回初めてのマイルで新味が出るかもしれませんがどうでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら