オークス2020~見解④

競馬予想

オークスの出走馬を見ていきましょう。第4弾

フィオリキアリ 田中勝 : デビュー勝ちの後、3戦連続特別戦で掲示板にも乗れず平場で漸く2勝目。アネモネSでは最後方でじっくり脚を溜め4角ではかなり外に持ち出し直線ぐんぐん伸びてアタマ差の2着でした。4角ではかなり大外を廻して距離ロスが大きかったにもかかわらず他馬より上りが1秒も速かったのは驚異ですね。前走の桜花賞では後方から3~4角で内側から上がって行こうとしましたが反応がイマイチで差を詰められず直線に入り漸く伸び始めると前の馬が斜行してきたため少し追いづらくなり再度立て直して伸びて来て7着でした。真っ直ぐ走れていれば掲示板には入れたかもしれませんね。スタミナはありそうで長く良い脚を使えるのでオークスの舞台は合いそうですから上手く嵌れば上位に来れる可能性はありそう。

チェーンオブラブ 石橋脩 : デビュー2戦目で初勝利。続く赤松賞は4着も0.1差。フェアリーSは後方から直線でぐんぐん伸びて逃げたスマイルカナは捕まえられませんでしたが0.4差の2着。そこからチューリップ賞9着、桜花賞11着と凡走。ここで特に浮上してくるプラス要素もなく軽視で良さそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ウインマリリン 横山典 : デビュー勝ちの後、特別戦で5着。ミモザ賞では好位から抜け出し2勝目。前走のフローラステークスは好位のインで流れに乗り直線でも内からスルスルとロスなく抜け出し後続の追撃を抑えて優勝。重賞初制覇を飾りました。これで4戦3勝となかなかの成績ですがどのレースもレースレベルには疑問。いつも上がり3ハロン上位の脚を使っているのですが最速でも35秒台ではここで通用するとは思えませんね。フローラSの時は酷い強風で外差しが決まらない状況でしたがこの馬は強風の影響を受けない内目から抜け出してきたので普通なら差されていると思いますし運が良かっただけではないでしょうか。今回は鞍上乗り替わりで運も尽きたか。

マルターズディオサ 田辺裕 : デビュー2戦目で初勝利。続くサフラン賞でマジックキャッスルを抑えて優勝。阪神JFでは好位から前を追いかけましたがレシステンシアには離された2着。休み明けのチューリップ賞ではレシステンシアを捕らえて優勝。相手が試し乗りの感じだったとはいえしっかり勝ち切ったのは良かったですね。前走の桜花賞では好位からレースを進めましたが最後は疲れてしまいましたね。道悪の影響が大きかったと思いますから度外視しても良いでしょう。前走以外は全て連対しているように堅実に走れますからここでもそれなりにやれそうですが距離延長には不安のあるタイプですし外枠を引いてかなり厳しくなってしまったのではないでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

 

オークス2020~見解①
オークスの出走馬を見ていきましょう。 デアリングタクト 松山弘 : デビュー戦では前が壁になりながら外に出すと一気に加速し完勝。エルフィンSでは出遅れ後方からになりましたが直線だけでぐんぐん追い上げ圧勝。桜花賞では中団くらいにつけられましたがごちゃつくのを避けて一旦下げ後方で外に出し3~4角で外から上がって行き直線しぶとく伸びて完勝。かなりの道悪で差して来れない馬場と展開でしたがとても届かない位置から1頭だけ伸びて来ました。もともと捌きが堅いと言われるタイプで道悪は得意と見られていましたがそれにしてもよく差して来れましたね。馬場不問で展開不問。どこからでも競馬が出来ますしギアチェンジが速く一気に加速出来るのも馬群に包まれる心配が少なくて良いですね。桜花賞組では逆転は難しそうですし別路線のメンバー的にも2冠達成の可能性は高いと思います。
オークス2020~見解②
オークスの出走馬を見ていきましょう。第2弾 デゼル レーン : 母は仏オークス馬という良血。デビュー戦は既走馬相手の未勝利戦に出走。スタートで少し遅れダッシュも利かず最後方辺りになりましたがすぐに巻き返し中団馬群を見る位置に。直線に入り馬群の中を通って良く伸び半馬身差でも内容的には完勝。前走のスイートピーSはやや出遅れ気味で後方から。直線に入ると大外からぐんぐん伸びて0.3差つける完勝。1頭だけ脚色が違いましたね。スローペースだったとはいえ上り32.5はなかなか出せる数字ではないでしょう。跳びが大きく奇麗でオークスの舞台は合いそうですが如何せんスタートが悪いのが問題ですね。末脚はかなりのものですが前残り馬場になると物理的に届かない可能性が高いでしょう。早めに動くことはないと思うのでスタートを決めて中団くらいにつけられなければ間に合わないですね。ポテンシャルが高くいずれは大きい所を狙える馬だとは思いますがここでは良くて3着争いではないでしょうか。
オークス2020~見解③
オークスの出走馬を見ていきましょう。第3弾 インターミッション 石川裕 : デビュー戦を好位から抜け出し優勝。続く菜の花賞は好位から進めるも直線で切れ負け3着。アネモネSは中団につけ3~4角で徐々に追い上げ直線入口では前とかなりの差がありましたが残り200mを過ぎたあたりからぐんぐん伸びて差し切り勝ち。それなりの力はありそうですがここまで馬体重を減らし続けて400kgという小型馬。前走の桜花賞では少し戻して406kgでの出走でしたがかなりの道悪で力を出せず14着と大敗。馬場の良い東京なら力は出せると思いますが調教後の馬体重は406kgのまま。ちょっと厳しいでしょうか。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら