オークス2021~見解②

競馬予想

オークスの出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑩エンスージアズム 岩田望 : デビュー2戦目で初勝利。続く白菊賞では最後方から直線で良い伸びを見せましたが5着まで。次の1勝クラスを勝ちましたが5頭立てでした。フラワーカップでは先行集団の後ろにつけ3~4角で外から上がって行き直線でも外から伸びて来ましたが勝ったホウオウイクセルから0.2差の2着でした。前走の桜花賞ではスタートでやや出遅れるも中団につける。直線に入りじわじわ伸びて来ましたが0.9差の8着でした。そこそこの脚を持っているので毎回差しては来るものの現状ではまだ力不足に見えますね。前走の馬体重418kgという小柄な馬ではG1では厳しいでしょう。

⑪ソダシ 吉田隼 : デビューから4連勝で阪神JFをそして5連勝で桜花賞を制覇。ペースにかかわらずいつも好位から良い脚を長く使ってしぶとく伸びて勝ち切ってくれますね。阪神JFでは直線で馬群に囲まれ厳しいかと思いましたがしっかり抜け出して迫るサトノレイナスを抑えきったのはかなり強さを感じました。前走の桜花賞では好スタートを決め前へ行き2~3番手のインにつける。淀みない流れの中好位でしっかり折り合い4角へ。直線入口で直ぐに進路を確保し追いだすと前を捕らえそのまま最後までしぶとく脚を使い優勝。最後はサトノレイナスに迫られましたがクビ差凌いで勝ち切りました。しかも馬場コンディションもありますがレコードを大幅に更新する1.31.1。戦前は速い時計では分が悪いという評価もありましたが全く問題ありませんでしたね。今回は血統的に距離延長を心配されていますがスタミナは豊富ですし問題ないでしょう。ライバルのサトノレイナスはいませんしここも順当に勝ち負けになりそうです。

⑫ミヤビハイディ 吉田豊 : デビュー2戦目で初勝利。クイーンCではアカイトリノムスメに離された11着と大敗。前走の1勝クラスは良い勝ち方でしたがさすがにここで通用する感じはありませんね。

⑬ファインルージュ 福永祐 : デビュー戦は好位につけましたが勝負所でやや手ごたえが悪い感じ。直線半ばで漸くエンジンが掛かり良い伸びで2着まで。2戦目は直線でやや狭くなる場面もありましたが上手く抜け出し完勝。フェアリーSでは中団から3~4角で上がって行き直線で良く伸びて完勝。次走でフラワーカップを勝つことになるホウオウイクセルに0.4差つけました。前走の桜花賞では好位のインにつけソダシの後ろからピッタリマークする形。直線に入り一旦ソダシに突き放されましたが最後は詰め寄り0.1差の3着でした。血統やデビュー戦を1200mにしたことからも短距離向きなのでしょうがレースを見る感じでは案外距離は持ちそうな感じはありますね。ここでも期待していいのではないでしょうか。

⑭ストライプ 柴田善 : デビュー戦は好位から抜け出し一旦先頭に立ちましたが最後は失速し6着。ちょっと抜け出すのが早すぎたかもしれませんね。2戦目は中団前目から直線で抜け出し後続を突き放して完勝。京王杯2歳Sでは中団から直線で進路を探しながらも良く伸びて0.1差の4着。クロッカスSでは好位のインにつけ直線最内から抜け出し完勝。2戦続けて牡馬相手に良い競馬を見せてくれました。前走の桜花賞では好スタートを切り他馬より一歩前に出ましたが二の足が付かず促しても進んで行かずどんどん下がって後方から。直線に入っても伸びがなく1.5差の12着でした。こんなに走らない馬だとは思えないのですが何かあったのでしょうか。初めての関西圏への輸送で12kg減が響いたのか初めての右回りがダメだったのか。今回東京替わりで巻き返して欲しいです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑮アールドヴィーブル 松山弘 : 不良馬場のデビュー戦では後方から3~4角で外から上がって行き直線も外から良く伸びて差し切り勝ち。クイーンカップでは中団後ろにつけ直線でやや窮屈なところからしぶとく抜け出し勝ったアカイトリノムスメとクビ差の2着でした。デビュー2戦目の重賞初挑戦でなかなかのメンバー相手にいいレースが出来ポテンシャルの高さを見せましたね。前走の桜花賞では中団の外につけ直線で他馬とぶつかりながらもじわじわ伸びて勝ったソダシから0.7差の5着でした。馬体重がクイーンCで18kg減、桜花賞でさらに6kg減で今回再度東京への輸送を考えると体調面で心配ですがポテンシャルは高いと思うので状態次第で警戒は必要でしょう。

⑯ニーナドレス 藤岡康 : デビュー2連勝でここへ参戦。前走の君子蘭賞ではスタートを決め2~3番手につける。勝負所でも動かず脚を溜めやや位置取りは悪くなる。直線に入って前を追いましたがじわじわとしか伸びず残り200mを過ぎてから漸くエンジンが掛かり前を捕らえてアタマ差の勝利。まだまだ反応が鈍くこれからの馬だと思いますが能力は高そう。距離延長も東京替わりも良さそうで警戒は必要かも。

⑰スライリー 石川裕 : デビュー戦を勝ち4戦目の菜の花賞で2勝目。クイーンCでは後方で何も出来ず10着。前走のフローラSではスタートを決め前に行き3番手の外につける。直線に入り一旦先頭に立ちましたがクールキャットに交わされ1馬身差の2着でした。距離を伸ばして良さが出た感じですね。切れる脚はありませんが前目につけられれば最後までしぶとく粘れそう。更なる距離延長は良さそうですしここでも前につければ面白いが外枠は痛い。

⑱ステラリア 川田将 : デビュー3戦目で初勝利。ベゴニア賞で2着の後、クイーンCに出走。レースではやや出遅れ気味で後方から。直線に入り大外から良い脚で伸びて来ましたが勝ったアカイトリノムスメから0.3差の6着まで。前走の忘れな草賞では中団につけ3~4角で上がって行き直線に入ると良く伸びて0.2差つけ優勝。もともと期待されていた馬がなかなか力を出せていませんでしたが距離を伸ばして良さが出ましたね。ここもチャンスはあると思うが大外枠がどうか。

以上、出走馬を見ていきました。

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら