桜花賞2020~見解①

競馬予想

桜花賞の出走馬を見ていきましょう。

①ナイントゥファイブ 松田大 : デビュー3戦目で勝ち上がり。千両賞で離された4着のあと前走のフィリーズRではスタートから押して行きましたが2番手から。速い流れを2番手のまま進め4角で先頭に並びかけ直線でしぶとく粘りましたが切れ負けて3着。良く頑張りましたが内枠有利の馬場状態だったこともありそう。ここも速い流れの2~3番手につけられれば直線まで見せ場がありそうですがさすがにここまで相手が強くなると厳しそうですね。良くて掲示板まででしょうか。

②チェーンオブラブ 石橋脩 : 2戦目で勝ち上がり。赤松賞で0.1差の4着のあとフェアリーSでは中団後ろから4角で大外に出し直線良く伸びて0.4差の2着。4角でかなり外に出した分のロスが大きく勝ち馬には離されましたね。前走のチューリップ賞は前にも行けそうでしたが押さえて中団から。直線に入り外に出すか内に入れるか迷った感じでフラフラしてしまい追い出しが遅れたか伸びが悪く0.8差の9着と完敗。スムーズに外に出せればもっとやれたと思いますがギアチェンジに時間が掛かるタイプかもしれませんね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③スマイルカナ 柴田大 : これまで5戦して1着3回7着2回。逃げれたときはしっかり勝ち切りますが控えると掛かってしまい力を出せていませんね。前走のチューリップ賞は逃げたかったと思いますが他が速くて前に行けず引っ掛かり鞍上が必死に抑えていました。直ぐに落ち着き先団馬群の中で折り合い直線では一瞬良い感じで伸びて来ましたが最初に掛かった分切れ負けて0.5差の7着でした。これを見ると案外控えてもやれそうな感じですが今回は何が何でも逃げるんでしょうね。レシステンシアの出方次第で残り目も。

④サンクテュエール ルメール : デビュー勝ちのあとアルテミスSでは早めに上がって行き2番手でレースを進め直線じわじわ伸びましたが最後はリアアメリアに交わされ0.1差の2着。前走のシンザン記念は出遅れて後方からになりましたがすぐに巻き返し最内の3番手につける。直線では2着馬との叩き合いになり最後クビ差抜け出し重賞制覇。牡馬相手に完勝しましたがレースレベルには疑問も。あまり強さは感じませんが前に行けて最後もしぶといので崩れず走って来そうではありますね。

⑤マルターズディオサ 田辺裕 : これまで5戦して3-2-0-0と堅実。昨年の阪神JFでは好位から前を追いましたがレシステンシアに追いつく気配がなく5馬身差の2着。展開に恵まれた感じもあり次走のチューリップ賞でもあまり人気はありませんでしたが2番手から直線で逃げたレシステンシアを捕らえ優勝。相手が試し乗りのような感じでしたが勝ち切ったのは良かったですね。ペース問わず好位からしっかり脚を使えるのは大きくここでもチャンスはありそうですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

桜花賞2020~見解②
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。第2弾 ⑥ウーマンズハート 藤岡康 : デビュー戦で上がり32.0の脚を使いマルターズディオサを0.6突き放して完勝。続く新潟2歳Sでも上がり32.8で重賞初制覇。休み明けの阪神JFは+14kgと重め残りのうえ内枠で前目につけた分いつもの切れがなく1.2離された4着でした。前走のチューリップ賞は-10kgと絞れ中団で溜める競馬でしたが0.4差の6着。新潟ほどの切れはなく左回り向きなのかもしれませんが前走を叩いて状態は上向いている感じもあるのでまだ見限るのは早いと思います。
桜花賞2020~見解③
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。第3弾 ⑪クラヴァシュドール デムーロ : デビュー勝ちのあとサウジアラビアRCでは中団後ろから直線でサリオスとの叩き合いに持ち込みましたが最後は0.2突き放され2着。阪神JFでは中団から直線で追い上げレシステンシアには離されましたがマルターズディオサとハナ差の3着。前走のチューリップ賞は休み明けでしたがー6kgと過去最低体重でした。賞金も積みたいしトライアルから勝ちに来る中内田厩舎らしくきっちり仕上げてきた感じですね。レースでは最内枠ということもありいつもより前目から。最内の3~4番手につけると直線では逃げたレシステンシアを内から交わしにかかり残り200mあたりで先頭に立ちましたが最後はマルターズディオサに交わされて2着に終わりました。惜しいレースでしたがなかなか勝ち切れませんね。仕上がっていた分上積みがあるか分かりませんが世代上位なのは間違いなくここも上位争いになるでしょう。
桜花賞2020~見解④
桜花賞の出走馬を見ていきましょう。第4弾 ⑮ヤマカツマーメイド 池添謙 : デビューから7着2着ときて3戦目で勝ち上がり。続くりんどう賞も勝ち2連勝。ファンタジーSでは好位のインにつけ直線で前に迫りましたが切れ負け0.5差4着。阪神JFでは好スタートを切るもペースが上がるのを見ると抑えて中段のインにつける。3~4角でじわじわ上がって行き直線に入ると馬場の中程に出し一瞬伸びてくるそぶりを見せましたが最後は切れ負けて1.2差の5着。鞍上の好騎乗が光りましたが最後は疲れてしまったでしょうか。前走のフィリーズRは好位から直線で抜け出し一旦先頭に立ちましたが最後はエーポスに交わされ2着。そこそこやれそうですがマイルは少し長いのかもしれませんね。
桜花賞2020~最終見解
桜花賞の結論です。 今年は珍しく雨の桜花賞になりそうで馬場状態により結果が大きく変わりそうですね。かなり難しくなってしまいました・・・ ◎⑰レシステンシア 外枠厳しいが道悪ならかえって良かったかも。スピード馬だがパワーもある。 〇⑬マジックキャッスル 強い相手に善戦続き。道悪でも問題なく不安要素の少ない馬で。 ▲⑱エーポス 大外枠だが道悪で急浮上かも。隠れた実力馬。 ☆⑦ヒルノマリブ 力不足と思ったが雨馬場になればゴールドアリュール産駒でチャンスも。 ☆⑩フィオリキアリ 切れ味は通用しそう。馬体を維持できれば一発。 △⑤⑥⑨⑪⑭ ✕①③④⑧⑮ 印はここまでですね。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら