スプリンターズS2019~見解①

競馬予想

スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第1弾

レッツゴードンキ 岩田康 : 桜花賞馬ですが古馬になってからはスプリント戦で好成績を残していますね。高松宮記念は4年連続出走し8着2着2着6着。今年の6着は直線で詰まるところがありながら0.3差だったのでスムーズなら3着はあったでしょう。スプリンターズSは3年連続出走し9着2着5着。昨年の5着は出遅れから上がり最速で0.3差でした。もう7歳の牝馬で衰えが気になるところですが2走前の高松宮記念で僅差、前走のヴィクトリアマイルは距離が長いものの従来のレコードを更新する速い時計で走って0.7差の10着なら上々でしょう。これならまだまだ衰えていないハズでここで好走しても驚けませんね。

タワーオブロンドン ルメール : 2歳時から京王杯を勝って朝日杯で3着するなど好成績を残していましたが今年に入り距離を短くすると重賞で上位安定の成績。1400mベストの馬だと思いますがここ3戦は1200mで3着2着1着と右肩上がりですね。特に前走のセントウルSは直線で促されると一気に伸びてレコードタイムで圧勝。ペースにも慣れてきたのでしょうがかなり強い勝ち方でしたね。まぁ2,3着が3歳馬でもありレースレベル自体がどうだったのか怪しいところですし阪神の馬場も速かったので時計もあてになりませんが中山の馬場も速いので時計に対応出来たのは良いことですね。ただサマースプリントチャンピオンはここでの成績があまり良くない傾向ですし使われ過ぎなのは気になるところです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ミスターメロディ 福永 : 今年の高松宮記念で優勝したスプリント王ですね。前走のセントウルSは2番人気に推されましたが特に見せ場もなく完敗の8着。ただ1頭だけ58kgを背負っていましたし休み明けは走らない傾向にある馬なので度外視しても良さそうです。急坂のあるコースも問題ないですし巻き返す可能性はありそうですね。ただ高松宮記念は内枠有利の馬場状態で内枠を引けた幸運もあったと思いますのでそこまで評価できない感じもあります。

セイウンコウセイ 幸 : このレースは2年前に11着で昨年12着と走れていませんね。それに対して高松宮記念は3年連続出走し1着6着2着と好成績を残しています。ここはあまり得意なコースではないと判断して良さそうですね。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

スプリンターズS2019~見解②
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第2弾 ダノンスマッシュ 川田 : 昨年の夏からスプリント戦に矛先を向けてから成績が安定。G3を4戦して3勝2着1回と好成績を残しています。今年の高松宮記念では内枠有利の馬場状態のなか外枠を引き苦しい競馬になりましたがそれでも0.2差の4着と踏ん張りました。前走のキーンランドカップでは外々を廻りロスのある競馬でしたがタワーオブロンドンに完勝。相手は1kg重い斤量を背負っていましたがこちらは函館SSを除外になって久々の競馬だったことを思えば力の違いを見せつける結果だったと言えるのではないでしょうか。ただ初の中山は問題ないと思いますが持ち時計はそんなに速くないので高速馬場に対応出来るかでしょうね。
スプリンターズS2019~見解③
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第3弾 ファンタジスト 武豊 : スプリングS2着の後は完敗続きで2走前の北九州記念で久々に1200mを使われましたが休み明けもありスピードについて行けず後方のまま惨敗。しかし叩かれた前走のセントウルSは好スタートからスッと前に行きしっかり流れに乗ると最後は勝ち馬に突き放されましたが2着を確保。ポジションも取れたし速い時計にも対応出来ましたね。これだけ走れるならここでも十分上位争い出来るのではないでしょうか。
スプリンターズS2019~見解④
スプリンターズSの出走馬を見ていきましょう。第4弾 リナーテ 三浦 : 今年に入り除外になった函館SSを除き4戦して1-2-1-0と好調。サトノダイヤモンドの妹という良血ですが父がステイゴールドということで5歳にして漸く本格化したのでしょう。1200mの持ち時計は遅いですが速い時計にも対応出来そうなタイプですし切れる脚も使えるのでここでもいい勝負が出来そうですね。あまり後ろからだと届かないと思うので中団くらいにはつけたい。

 

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら