天皇賞・秋2020~見解①

競馬予想

天皇賞・秋の出走馬を見ていきましょう。第1弾

①ブラストワンピース 池添謙 : 2年前の有馬記念を勝ちましたがその後はG2の札幌記念とAJCCを勝ったのみでG1では掲示板にも乗れていません。得意条件としては少し時計の掛かる小回りだと思うので前走の宝塚記念はもう少し走って欲しかったですが4角あたりで止めてしまっている感じ。もともと勝つか負けるかの極端な成績ですから条件云々よりも気分の問題なのかもしれませんね。今回は少頭数ですしあまり手を広げたくないので軽視しておきたいです。

②カデナ 田辺裕 : 昨年のこのレースは後方のまま何もできませんでした。今年の大阪杯は差のない4着と好走しましたが内伸び馬場をロスなく周ってきた感じですね。宝塚記念も後方のまま大敗。前走の毎日王冠は終い良い脚で伸びて来ましたがサリオスに離された4着。2着のダイワキャグニーとは0.1差でした。かなり力はつけていると思いますし終いの脚は良いものを持っていますがこの相手に後方からでは通用しないでしょうね。今回鞍上が田辺騎手に替わって一発狙って来そうですがどうでしょうか。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③ダイワキャグニー 内田博 : とにかく東京が得意な馬で全8勝を東京で上げている東京巧者。これはこのメンバーの中でも最多ですからG1でも東京ならワンチャンありそう。実際昨年のJCで6着とそれなりにはやれていますね。距離は1800mベストだと思いますが2000mでも問題ないでしょう。2走前のエプソムカップを勝った後に去勢をして前走の毎日王冠はさすがに厳しいかと思いましたが2着と好走し東京巧者っぷりを見せられました。叩いた今回は上積みがあるでしょうから押さえておきたいですね。

④ダノンキングリー 戸崎圭 : 昨年は皐月賞で3着、ダービー2着と世代上位の力を見せ古馬相手のマイルCSでも僅差の5着と頑張りましたね。今年に入り大阪杯では0.1差の3着と惜しい競馬でしたが何故か逃げの手にでてこの結果だったので普通に好位で脚を溜めれば勝っていたのではないかと思わせるものでしたね。やはり横山典騎手は何を仕出かすか分からないので困ります。前走の安田記念は漸く戸崎騎手に手が戻り好枠を引いてチャンスかと思いましたが前日の雨の影響で力を出せずに7着と崩れてしまいました。色々噛み合いませんがG1を勝つチャンスのある馬だと思うのでここでも侮れませんが本質はマイラーなのでそこが問題。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら