天皇賞・春2021~見解②

競馬予想

天皇賞・春の出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑩ゴースト 鮫島克 : デビュー5戦目で初勝利。その後条件クラスをコツコツ勝ち上がり昨年秋にオープン入り。今年初戦の万葉Sでは後方につけ直線でじわじわ伸びましたが0.6差の5着まで。前走の阪神大賞典では中団の外につけレースを進めましたが2週目の向こう正面で心房細動を発症し競争中止。状態は上がってきているようですがここでどうにかなる力はなさそうです。

⑪メイショウテンゲン 酒井学 : 昨年はダイヤモンドS2着、阪神大賞典3着と好調でしたが天皇賞春では8着まで。そこから宝塚記念で5着と好走するもその後は2桁着順続き。前走の阪神大賞典でも先団から伸びず6着でした。現状ここで好走出来る要素はなさそうです。

⑫ディープボンド 和田竜 : 皐月賞では終始荒れた内側を通っていたし横山典騎手に乗り替わっていたこともあり10着と完敗。そこから京都新聞杯に出走し優勝。ダービーでは3~4番手でレースを進める。直線に入りしぶとく脚を使い5着と好走。神戸新聞杯では3番手からレースを進め直線に入り一旦先頭に並びかけましたがコントレイルに道を譲る感じで外に避け前に行かせてから再度伸びて2着あるかと思ったところで内外から交わされ4着。菊花賞では好位の外につけ2週目の4角で外から上がって行き直線入口で先頭に並びかけましたが外からコントレイルとアリストテレスに交わされると一気に突き放され最後はサトノフラッグにも交わされ4着に終わりました。今年初戦の中山金杯では位置を取りに行く時に両側から挟まれ下がって位置を取れず中団から。最後の直線でも挟まれて全く追えずそのまま雪崩れ込み惨敗。自分の競馬をさせてもらえませんでしたね。前走の阪神大賞典では好スタートから前に行き好位の外につける。2週目の3~4角で外から上がって行き直線に入るとぐんぐん伸びて0.9差をつける圧勝。道悪が味方したとはいえかなり強い勝ち方。阪神の長距離戦での圧勝は本番に向けての期待が膨らみますね。良馬場でも問題ありませんが雨ならさらにチャンスが広がりそうです。

⑬ナムラドノヴァン 内田博 : 昨年は3勝クラスを勝ち上がれず足踏み状態が続いていましたが今年初戦の万葉Sでは後方につけ2週目の3角手前から上がって行き直線に入ってぐんぐん伸びて優勝。軽ハンデでしたが強かったですね。ダイヤモンドSでは後方につけ直線で外から伸びて来ましたが4着まで。前走の阪神大賞典では最後方から。2週目の4角で大外に出し直線猛然と追い上げ勝ち馬には離されましたが2着のユーキャンスマイルとは0.1差の3着。スタミナと終いの脚は上位のものがありますし展開次第ではここでもチャンスがあるかもしれません。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑭ウインマリリン 横山武 : 昨年はオークス2着、エリザベス女王杯4着とG1でも好走出来ていましたね。今年初戦のAJCCでは不良馬場を苦にしたか6着。前走の日経賞では好位から抜け出し優勝。牡馬相手の重賞を勝ち切ったのは良かったですが上手くインを突いた好騎乗が大きかったですね。強い馬だと思いますが阪神の長距離戦を牝馬が好走するのは難しいかもしれません。

⑮オセアグレイト 横山典 : 昨年はステイヤーズSで重賞初制覇。その勢いで有馬記念に挑戦しましたが好位から雪崩れ込んだだけの9着でした。前走の日経賞でも好位から雪崩れ込んだだけの6着でした。長距離重賞で結果を出しているようにスタミナは豊富のようですがさすがにここでは厳しいのではないでしょうか。

⑯メロディーレーン 池添謙 : 牡馬相手の菊花賞で5着と好走。しかしその後はパッとしない成績が続いていますね。現役屈指の小型馬では阪神の長距離戦は厳しいでしょう。

⑰オーソリティ 川田将 : デビューから2連勝ですがホープフルステークス5着、弥生賞3着と一歩足りない感じで皐月賞の優先出走権を得ながら回避。ダービーに狙いを定めて青葉賞を快勝。しかし骨折が判明しダービーも出走出来ませんでした。休養明けのアルゼンチン共和国杯では古馬相手に好位から抜け出す完勝で力を見せました。有馬記念では好位につけましたが2週目の4角あたりで手ごたえが無くなり直線も伸びがなくズルズル後退し14着と惨敗。前走のダイヤモンドSでは好位につけ直線で一旦先頭に立ちましたがゴール前で交わされクビ差の2着。東京の走りは良いですが中山向きではない感じなので阪神内回りは合わない可能性は高いですね。ただ長距離適正はあるようなので好位から雪崩れ込める可能性はあるかもしれません。しかし大外枠を引いたのは大きなマイナス。

以上、出走馬を見ていきました。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら