若駒S2019~見解①

競馬予想

若駒Sの出走馬を見ていきましょう。

ヴィエナブロー 藤田菜 : デビュー戦は東京2000m。好スタートを切ったが外目の枠もあって前に行けず中団。徐々に位置取りが悪くなって結局後方3~4番手からのレースになりました。スローペースでレースは流れ直線いい脚で伸びて来ましたが離された7着まで。2戦目は中山1800m。好スタートから押して前へ。好位3番手で流れに乗る。平均ペースで流れ、3~4角で前との差を詰め直線へ。残り100m辺りで先頭に立ち、そのまま突き抜けて3馬身差で完勝。前でレースを出来たのが良かったですね。菜七子J騎乗で注目ですが、中山の若竹賞に回りそうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ヴェロックス 川田 : デビュー戦は小倉1800m。好スタートから前へ。徐々にポジションを上げ3番手辺り。4角で先頭に並びかけると、直線であっさり抜け出し突き放す一方。8馬身差の圧勝でした。2戦目は阪神1800m野路菊S。好スタートから控えて中団。直線で前を捉えにかかるもカテドラルがしぶとく1/2差まで詰め寄るのがやっと。前走は東スポ2歳S1800m。中団からレースを進め、直線外から伸び始めたところで内のナイママが斜行し、ぶつけられて外に弾かれてしまいました。しかし、その後もひるまず伸びて、勝ち馬からタイム差なしの4着。不利は痛かったが、不利がなくても突き抜ける感じではなかったので判断が難しいところですね。

キングリスティア 岩田 : デビュー戦は阪神2000m。7番人気の低評価ながら果敢に出て逃げました。直線に入ると後続を突き放して圧勝。2戦目は変則中1週でG1ホープフルSに挑みました。逃げるかと思われましたが出遅れて最後方からの競馬に。スローペースの中、後方のまま進んだ。4角出口で目の前にいたジャストアジゴロが外に大きく膨らみ、すぐに内に切れ込んできたので、本馬も進路を2度切り替えるロス。そこから立て直し最速の上りで差してきましたが勝ち馬から0.7差の8着に終わりました。まともなら上位争い出来ていたハズで、ここでは人気にならないでしょうから、ぜひ狙ってみたいですね。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら