若駒S2019~見解②

競馬予想

若駒Sの出走馬を見ていきましょう。第2弾

サトノウィザード Cルメール : デビュー戦は京都2000m。後方からのレースですが少頭数なので前とはそれほど差のない位置取り。超スローペースの中、早めに手が動き始めて反応が悪そうに見えましたが、一旦エンジンがかかると3~4角を外から捲って行き直線入口では4番手辺り。そこから一気に伸びて残り100mで先頭に立つと、カントルには食い下がられましたが3番手以下を突き放し完勝。2着のカントルはワグネリアンの弟の評判馬。これに勝てたのは大きいですね。ここは休み明けですが仕上がりは良さそうなので上位争い出来そうです。

ショウリュウイクゾ 浜中 : デビュー戦は阪神1600m。出遅れて後方から。早めに動いて前との距離を詰め直線へ。直線で弾ける感じはありませんでしたが、しぶとく伸びて優勝。2戦目は京都2歳S2000m。やや出遅れ気味のスタート。盛り返しにかかるがコーナーワークで結局後方からになってしまいました。スローペースの中、最後方からレースを進め、直線に入ってもジリジリとしか伸びず勝ち馬から1.0差の5着に終わりました。スタートを決められれば変わり身があるかもしれませんがどうでしょうか。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

フェアリーポルカ 和田 : デビュー戦は阪神2000m。スタートからスッと前へ行き先行3番手。道中早めに動いた他馬を気にすることなくポジションをキープ。直線では内の狭い所を通って先頭へ立つと、そのまま後続を突き放して2着馬に0.4差をつけ完勝。スローペースで時計も上がりも遅かったが勝ちっぷりは上々。牝馬ですが血統は良く今後に期待の持てる馬ではあります。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら