フェブラリーS2019~結果

競馬予想

フェブラリーSの結果です。

2019年最初のG1レース。今年は連勝馬インティや藤田菜七子騎手の参戦で例年地味なフェブラリーSが大盛り上がりになりました。

スタートで⑬ノンコノユメが大きく出遅れ。好スタートを切ったのは⑩サンライズソア。人気の⑥インティもまずまず無難なスタート。藤田菜七子騎手騎乗の⑪コパノキッキングは普通に出ましたがゆっくり下げていきます。

芝からダートコースに入って⑥インティがスッと前へ上がって行き先頭へ。好スタートの⑩サンライズソアはやや控えて2番手の外。内の3番手に⑤サクセスエナジー。後ろに早め⑧モーニンがつけて外に⑨ワンダーリーデル。中団外に⑭オメガパフューム内から②ユラノト間に③ゴールドドリーム。後ろに④メイショウウタゲ中に⑫ノボバカラ。大外から出遅れた⑬ノンコノユメが上がって行きます。後方外に⑦サンライズノヴァ内から①クインズサターン。最後方に⑪コパノキッキングという隊列。

スローペースでレースは進みそのまま3~4角から直線へ。

直線に入ると⑥インティが後続に2馬身程の差をつけて先頭。外から⑩サンライズソアが追いかけ内の⑤サクセスエナジーが粘りさらにそとから⑨ワンダーリーデル間の⑧モーニンが追い上げる。中団外から③ゴールドドリームがスパート。後方の⑪コパノキッキングも大外から追撃を開始しました。⑭オメガパフュームは手ごたえが悪い感じ。

残り400mを切り⑥インティがさらに後続を突き放し確勝大勢に。外から③ゴールドドリームが猛追し内で②ユラノトがスルスルと追い上げてくる。⑪コパノキッキングも猛然と追い込んでくるが間に合わない感じ。

残り200mで③ゴールドドリームが2番手に上がるが⑥インティとの差はまだ4馬身程ある。

③ゴールドドリームが猛追しグングン差を縮めていくがクビ差届かず⑥インティの勝利。⑥インティは詰め寄られましたが最後は手綱を緩めていましたね。離された3着争いから②ユラノトが抜け出し1+1/4差で⑧モーニンが4着。さらに追い込んだ⑪コパノキッキングが1/2差で続きました。

1着⑥インティ(◎)

2着③ゴールドドリーム(〇)

3着②ユラノト(△)

4着⑧モーニン(☆)

5着⑪コパノキッキング(▲)

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

勝った⑥インティは理想の展開に持ち込み完勝。7連勝でG1制覇を飾りました。マイルも芝スタートも問題なく寧ろ合っている感じもありましたね。今後も無事にいけばG1戦線で活躍してくれそうです。ルヴァンスレーヴとの対戦も楽しみになりました。

2着の③ゴールドドリームはやはり強かったですね。近走2着続きですが他の馬とは力が違いますね。今回はベストの条件だっただけに今後の逆転は難しいかもしれませんがまだまだ一線級で活躍してくれそうです。

3着の②ユラノトは枠番なりのソツのない競馬で馬券に絡んできましたね。前の馬とは力の差を感じる結果となりましたがまだ成長の余地を残していますし今後も期待していいのではないでしょうか。

4着の⑧モーニンは惜しい競馬でした。鞍上もベストの騎乗だったと思いますがあと一歩でしたね。今回のようなパサパサの馬場ではなく湿った馬場の方が良さそうなので渋ったら全力買いしてみたいです。

5着には注目の⑪コパノキッキングが入りました。このスローペースで最後方からではさすがに厳しかったと思いますが距離不安のある馬ですからこれで仕方なかったですね。鞍上の藤田菜七子騎手は初めてのG1レースでしたが落ち着いて乗れていたのではないでしょうか。これならまた近々G1での騎乗依頼があるかもしれませんね。

 

フェブラリーS2019~見解①
フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。①クインズサターン 四位 : 昨年の武蔵野Sでサンライズノヴァと0.2差2着。前走の根岸Sは中団インから直線で馬群を縫うように伸びて来てコパノキッキングと0.4差3着。いつも速い上がりを使って伸びてくるので前走と同じように中団インにつけられればここでも上位に迫れるかも。 ②ユラノト 福永 : 桜花賞3着でヴィクトリアMを勝ったコイウタの子。武蔵野S4着もあり東京マイルも問題なし。前走の根岸Sは好位からしぶとく伸びてコパノキッキングと3/4差の2着。いつも好位から堅実に走って崩れにくいタイプ。今回もインでロスなく運んで上位争いに顔を出しそう。
フェブラリーS2019~見解②
フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。⑥インティ 武豊 : デビュー戦9着の後6連勝でここへ。これまで2着馬につけた着差は合計30馬身以上という圧勝劇。スピード能力が高く2番手でも折り合え上りもほぼ毎回最速で上がってくる。G1初挑戦だが能力的には十分通用するでしょう。問題は初めての東京、初めてのマイル、初めての芝スタートという所ですがスピード能力の高さからはマイルも芝スタートも寧ろ向いている可能性が高く問題なし。ワンターンのコースも自身の上りが速いので全く問題ないでしょう。ここは⑤サクセスエナジーを行かせて途中から交わして先頭に立つ理想的な競馬が出来そうで勝ち負けになるのではないでしょうか。
フェブラリーS2019~見解③
フェブラリーSの出走馬を見ていきましょう。⑪コパノキッキング 藤田菜 : ここまで9戦して500万で2着と1600万で4着以外は全て優勝。当初は逃げていたが4走前に出遅れたのをきっかけに脚質転換し差せるようになりました。そこから4連勝で重賞も2連勝。前走の根岸Sは1400mでの初勝利で初の東京コースも寧ろ向いていた印象。今回はさらに1ハロン伸びるが差しに転換したことで距離に融通が効くようになった感じなので何とかなると思います。良い切れ味を持っているし連勝の勢いもある。鞍上が落ち着いて臨めればG1制覇も見えてくるのでは。
フェブラリーS2019~買い目
フェブラリーSの買い目です。◎⑥インティ 一連の勝ち方が全て圧勝。初の東京マイルでも寧ろ合いそう。7連勝で頂点へ。 〇③ゴールドドリーム 実績No1。このレースは1着2着と得意。前走を叩いて状態上向き。少なくとも馬券圏内は外さない。 ▲⑪コパノキッキング 4連勝中の勢い。初のマイル戦だが折り合いに進境が見られる今なら克服可能。 ☆⑧モーニン 3年前の勝ち馬。復活の兆しが見えそろそろ一発ある。 △①② ✕⑤⑦⑨⑩⑭

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら