春菜賞2019~見解①

競馬予想

土曜日東京9R春菜賞の出走馬を見ていきましょう。

 

①レディードリー 柴田善 : 前走のフェアリーSは出遅れて後方から。直線は良く伸びて団子状態の3着争いには加わり勝ち馬から0.2差の7着でした。東京1400mは未勝利戦で圧勝した舞台。中山のマイル戦よりも条件はかなり好転するのでチャンスはありそうです。

②スイープセレリタス Cルメール : 秋華賞・宝塚記念・エリザベス女王杯などを勝ったスイープトウショウの子。2戦目の東京1600mで初勝利。前走は中京1600mのこうやまき賞。好位から直線伸び負けの形で3着まで。素質はありそうだがまだ末脚が物足りないですね。現状は持久力勝負が向いている印象。距離短縮は微妙ですがどうなんでしょう。2000mくらいあった方が良さそうな気もしますが。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

③マーマレードガール 柴田大 : 初勝利以降は3戦してイマイチな結果が続いています。1400mもプラスにはならなそうで。ここは見送り。

④ナーゲルリング 丹内 : 恥ずかしながらレッドスパーダが種牡馬になっていたのを知りませんでしたが、初年度産駒で唯一の勝ち上がりが本馬のようです。近3走イマイチでとても狙えませんね。

⑤サンタンデール 内田博 : 前走のフェアリーSは逃げて残り50mくらいまでは先頭で頑張っていました。最後は交わされて勝ち馬から0.2差の6着でした。距離延長がいい方に出たと思っていたので今回の1ハロン短縮はマイナスではないでしょうか。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら