大阪杯2019~見解②

競馬予想

大阪杯の出走馬を見ていきましょう。第2弾

サングレーザー Fミナリク : マイル以下の距離で活躍していましたが昨秋から2000mに距離を伸ばしてきました。札幌記念でいきなり結果を出すと続く天皇賞でも2着と好走。続く香港Cは4着に終わりましたが2000mでも十分戦える所を見せましたね。時計の速い決着には強いですし今週からBコース替わりの阪神はそれなりに時計が速くなりそうでこの馬には合うのではないでしょうか。阪神コース自体は3戦して1-1-1-0と着外なしですしG1制覇も夢ではないでしょう。あとは鞍上次第か。

スティッフェリオ 田辺 : ローカルのG3を連勝しましたがさすがにここは相手が強いでしょう。見送り。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

ステイフーリッシュ 藤岡康 : ホープフルSで3着、京都新聞杯で1着でしたがダービーは10着、菊花賞は11着と振るわず。しかし古馬との初対戦となったチャレンジCで3着に入ると今年は中山金杯と京都記念で連続2着と好走。成長が窺えここでも好走出来そうですが乗り慣れた鞍上の藤岡祐介騎手が騎乗停止で康太騎手に乗り替わりなのは少し心配ではあります。

ステルヴィオ 丸山 : 朝日杯で2着、スプリングSで1着でしたが皐月賞で4着と惜しい競馬。続くダービーは8着で距離の壁があったでしょうか。秋になり毎日王冠で古馬相手に2着と好走するとマイルCSで古馬のG1馬達を相手に勝利しG1初制覇。前走の中山記念は久々で馬体増。最速の末脚で差してきましたが前残りの展開でタイム差なしの3着。イマイチの結果でしたがそれなりに力は見せたとも言えるでしょうか。今回距離はギリギリだと思いますが一叩きの効果は見えますし休み明けの人気馬達よりチャンスがありそうです。

ダンビュライト 松若 : 皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着ともうワンパンチ足りず。古馬になってからもG1ではソコソコ止まりですね。前走の京都記念では1年ぶりの勝利。持久力勝負になったのが良かったですね。松若騎手が乗ると3戦3勝ですし今回もこの馬向きの展開に持ち込めればチャンスも。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら