皐月賞2019~見解②

競馬予想

皐月賞の出走馬を見ていきましょう。第2弾

⑥クラージュゲリエ 横山典 : 2走前の京都2歳Sは好スタートを切って前につけるも徐々に下がって後方から。3~4角で追い上げ直線に入ると良く伸びてブレイキングドーンとの叩き合いを制して優勝。前走の共同通信杯は中団につけ3~4角で押して行くも反応はイマイチ。直線に入り外に出すとじわじわ伸びて0.8差の3着。2戦続けて2桁増でやや重め残りだったかも。一叩きの上積みはありそうですがこのメンバーに入ると掲示板が精一杯な感じですがどうでしょうか。

⑦ヴェロックス 川田 : 3走目の東スポ杯は中団につけ直線伸びてくる所を内の馬がいきなり外に斜行しぶつけられて外に押し出されてしまいました。そこから伸びて優勝争いになりましたがタイム差なしの4着でした。その後2000mのリステッド競争を2連勝。特に前走の若葉Sは好位から直線抜け出し後続を突き放して圧勝。時計は遅かったですが強い勝ち方。機動力はありそうなので中山でも好走出来そうです。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。

⑧ニシノデイジー 勝浦 : 札幌2歳、東スポ杯を連勝。ホープフルSでは行きたがるのを抑えて好位のインにつけるが勝負所でも動かず位置取りが悪くなり直線で巻き返すも0.3差の3着まで。前走の弥生賞は好位につけるがやや掛かり気味。4角で内に突っ込み直線に入ると伸びはイマイチ。0.4差の4着に終わりました。力はあるハズでまだまだ見限るのは危険でしょう。今回はシャドーロールを付けて一変もありそうです。ただ鞍上は今年まだ未勝利で・・・

⑨メイショウテンゲン 三浦 : 4走目の未勝利戦を勝ち上がり、続くきさらぎ賞では中団外を追走。3~4角で大外を周り直線へ入るも伸びはイマイチで0.8差の5着。前走の弥生賞は重馬場の中団前目を追走。3~4角で大外を上がって行き直線に入ると良く伸びて優勝。道悪が向いた印象もあるが血統からは良馬場でも問題なさそう。この相手でもそれなりにやれるのではないでしょうか。

⑩シュヴァルツリーゼ 石橋脩 : デビュー戦は好位外を追走。道中口向きが悪くフォームも不格好で真面目に走っていない感じも最後だけ本気を出してあっさり突き放して完勝。前走の弥生賞はスタートで他馬とぶつかり後方からに。4角大外を周り直線でフラつきながらも良く伸びて0.2差の2着。とにかく不格好な走りですね。頭は高いしコーナリングは下手だし真っ直ぐ走らないし・・・。それでこの成績なのでまともに走ったらどれだけ凄いのかわかりませんね。不器用な感じなので広いコースの方が良さそうですしもう少し競馬を覚えてからの狙いだと思いますがここでも一発の魅力はあります。

以上、出走馬を見ていきました。

次回へ続く・・・

 

皐月賞2019~見解①
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。①アドマイヤマーズ Mデムーロ : 2走前の朝日杯は先行し大本命のグランアレグリアに早めに併せに行き競り落として完勝。前走の共同通信杯は押してハナを切り逃げの手にでました。スローペースで上がり勝負になりましたが残り200mで交わされその後もよく食い下がり0.2差の2着。敗れはしましたが3着以下を突き放していますし力は示せたでしょう。一叩きで上積みがあるでしょうし上位争い出来そうです。
皐月賞2019~見解③
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。⑪ラストドラフト Aシュタルケ : デビュー戦を勝って続く京成杯は2番手から直線入口で先頭に立つと最後までしぶとく伸びて0.2差をつけて優勝。前走の弥生賞はルメールJ→田辺Jという酷い乗り替わり。重馬場の中厳しいペースで逃げてしまい終いを無くして直線失速。0.7差の7着に終わりました。かなり酷いレースになってしまいましたがさすがに度外視していいでしょう。ここはランスオブプラーナが行ってくれるでしょうからレースはやりやすくなりそうなので一変があってもいいかもしれません。
皐月賞2019~見解④
皐月賞の出走馬を見ていきましょう。⑮クリノガウディー 藤岡祐 : 2走前の朝日杯は好位のインで脚を溜め直線外へ出すと良く伸びて0.3差の2着。グランアレグリアに先着しましたね。前走のスプリングSは逃げの手に出て残り150mあたりまで粘っていましたが0.4差の6着に終わりました。G1で2着があるとはいえ内枠で展開も嵌った感じですしマイルがベストならここは厳しいのではないでしょうか。

 

 

競馬予想
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ひよこをフォローする
かけぐら